無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


28カ国90人のハーバード卒業生がメタバースで同窓会…ビザなし、時差ボケなし、コロナなし

担当教授だったランジェイ・グラティが新著に関したスピーチをしたあと、出席者たちはバーチャル広場で交流した。

担当教授だったランジェイ・グラティが新著に関したスピーチをしたあと、出席者たちはバーチャル広場で交流した。

Mesmerize

  • 28カ国のハーバード同窓生90人が、バーチャル同窓会兼出版記念パーティーのためにメタバースに集結した。
  • メタバースをめぐっては意見が割れているが、バーチャルイベントは、メタバース技術がすぐに潜在能力を発揮できる分野だ。
  • イベントを企画したハーバードの卒業生ショーン・ウェストは、時間と費用の節約になり、時差ボケも避けられると話した。

2022年の今年、ハーバード・ビジネス・スクールの上級マネジメントプログラム(AMP)の2017年度卒業生たちは、毎年恒例の同窓会を、これまでとは違う会場で実施することを決めた。その会場とは、メタバースだ。

イベントの企画を本格的に始めた2021年12月時点では、移動制限とオミクロン株による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急増の影響で、実際に顔をあわせるチャンスが次にいつ訪れるかは見通せない状況だったと、イベントを企画したショーン・ウェスト(Sean West)はInsiderに語った。

従来は年に2回の会合を開いていたが、大勢でのビデオ通話にはあまり乗り気でなかったウェストは、メタバースを利用したイベントなら、実際に対面で会っているような感じを再現できるのではないかと考えたという。

28カ国の90人が、ヘッドセット「メタ・クエスト(Meta Quest)」を装着。担当教授だったランジェイ・グラティ(Ranjay Gulati)による、新著に関するスピーチを聞いたあと、近況を語りあうためにバーチャル広場へ向かった。

イベントでは、担当教授だったランジェイ・グラティが、新著に関するスピーチをおこなった。

イベントでは、担当教授だったランジェイ・グラティが、新著に関するスピーチをおこなった。

Mesmerize

メタバースのコンセプトは新しいものではないし、いまだにかなり漠然とした内容にとどまっている。とはいえ、仮想現実(VR)とデジタルアバターを利用した未来のインターネットだとする見方が一般的だ

一方で宣伝が過剰だと批判する人もいる。また、完全没入型のデジタル世界が「現実を破壊」して、ユーザーがデータを盗まれたり、別のユーザーに搾取されたりするのではないかと懸念する声もある。

だが、ウェストのような支持派は、メタバースにはショッピング、パーティー、銀行取引、就職活動、さらには不動産購入の在り方を変革する可能性があると確信している。

コロナ後の世界においては、最もすぐに威力を発揮できそうなメタバースの潜在能力は、実際に会っているような形で人々が集まれることだ。これには、コストと移動時間を削減できるというさらなる利点もある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み