無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


欧州の著名起業家らが350億円規模のアーリーステージ・ファンド創設。「ヨーロッパのVCには起業経験が足りない」

プルーラル

プルーラルの創設メンバーたち。

Plural

自らを「雇用不能者(unemployable)」と称するヨーロッパのトップ創業者とエンジェル投資家のグループが、ヨーロッパ圏のアーリーステージ・スタートアップを支援する2億6500万ドル(約357億円、1ドル=135円換算)のファンド「プルーラル(Plural)」を創設した。

設立に関わったのは、フィンテック企業ワイズ(Wise)の共同創業者であるターヴェット・ヒンリクス(Taavet Hinrikus)、ビッグポイント(Bigpoint)の元CEOであるハレド・ヘロイ(Khaled Heloui)、ソングキック(Songkick)の共同創業者イアン・ホガース(Ian Hogarth)、Skypeの元経営幹部でその後テレポート(Teleport)を創業したステン・タムキヴィ(Sten Tamkivi)だ。

プルーラルの狙いは、ヨーロッパの伝統的なベンチャーキャピタル(VC)を変え、経験豊富な創業者が次世代の起業家に投資しやすくすることだ。

プルーラルによれば、ヨーロッパ圏のVCのゼネラルパートナーのうち、新規事業立ち上げの経験者はわずか8%だという。これは、VC自身が豊富な起業経験を持っていることが多いアメリカの状況とは雲泥の差だ。ヘロイはInsiderの取材に対し次のように語る。

「創業者支援やリスクをとって企業に賭ける姿勢という点で、ヨーロッパとアメリカには格段の差があります。だからといってエンジェル投資家をやめるわけじゃないけど、投資家が損失を出さないように立ち回ったり、起業家にリスクをとれと発破をかけることに時間をとられるのには、うんざりしていたんです」

プルーラルの共同創設者たちには、起業した時につくった「傷跡」がある。ヨーロッパのVCの多くは過去数年の成長期に投資してきた経験しかないため、彼らのパターン認識に合わない創業者は支援しない傾向にあるのだ。

ヘロイが例に挙げたのは、まともな起業経験も有名大学のMBAも持たずに学生向けの銀行アプリ「Mos」を創業したチュニジア人起業家、アミラ・ヤヒアウイ(Amira Yahyaoui)だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular