無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バイデン大統領、北欧2カ国のNATO加盟でトルコ大統領を称賛…同国の人権問題が報告される中で

トルコのエルドアン大統領(左)とアメリカのバイデン大統領。

トルコのエルドアン大統領(左)とアメリカのバイデン大統領。

Photo by Turkish Presidency /Murat Cetinmuhurdar /Handout/Anadolu Agency via Getty Images

  • バイデン大統領はトルコのエルドアン大統領がNATOの拡張に最終的に譲歩したことを受け、同大統領を賞賛した。
  • エルドアンが抱える人権問題にもかかわらず、バイデンは好意的な態度を示している。
  • ホワイトハウスは、2021年12月の「民主主義サミット」にトルコを招待しなかった。

アメリカのジョー・バイデン(Joe Biden)大統領は2022年6月29日、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdoğan)大統領がようやくスウェーデンとフィンランドのNATO加盟に同意したことを受けて、彼を賞賛した。これはエルドアンが自国での権力をますます拡大し、人権侵害が広く報告される中でのことだった。

バイデンは、マドリードで開かれたNATO首脳会議に合わせたエルドアンとの会談の前に、「フィンランドとスウェーデンに関する状況をまとめてくれたことに、特に感謝したい」と記者団に語った。

バイデンは、ロシアの侵攻時にトルコがウクライナを支援したことについて触れた後で、「あなたはすばらしい仕事をしている」とエルドアン大統領を褒め称えた。

エルドアン大統領は、数十年間中立を保ってきたフィンランドとスウェーデンが同盟への加盟を申請したことで、実質的にNATOを人質にとっていた。このトルコの指導者は6月28日、スウェーデンとフィンランドが以前から行っていた武器禁輸について両国が大きな譲歩をしたため、彼も譲歩した。NATOはトルコの承認なしには両国の加盟を進められないため、エルドアンは大きな力を持っていた

バイデンは、エルドアンがますます強権的な人物になりつつある中で、今回の抱擁を行った。トルコの人権状況が悲惨なものであることは、ホワイトハウスが2021年12月に開催されたアメリカ主導の「民主主義サミット」にNATOの同盟国であるトルコを招待しなかったことでもわかる。2021年には、超党派の54人の上院議員が、トルコの人権状況を改善させるためにもっと努力するようバイデンに要請している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular