無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォルマートが「競合の撤退相次ぐ」30分即配サービスに参入する理由。食品スーパー大手のEC事業“最終決戦”へ

ウォルマート デリバリー

米小売り大手ウォルマート(Walmart)はカナダのトロント都市圏で食品即配サービスを試験的にスタートさせた。

Warmart

米小売り大手ウォルマート(Walmart)は、米フードデリバリー(食品宅配)大手インスタカート(Instacart)との国際的パートナーシップを通じてクイックデリバリー市場に参入した。

新たなサービス「ウォルマートナウ(WalmartNow)」は、6月23日にカナダのトロント都市圏でパイロットサービスとして開始され、注文を受けてから30分以内に食品や日用品などをウォルマート店舗から顧客に届ける。

ウォルマートカナダ法人の最高Eコマース責任者を務めるローラン・デュレイは次のようなコメントを発表している。

「私たちは機敏であり、決意は固く、カナダの人たちがオンラインでショッピングする方法を変えるためにここにいます。

30分以内のクイックデリバリーは、ウォルマートでの買い物をこれまで以上に速く、簡単に、より便利にすることを目指す当社の長期戦略において、画期的な実証プロジェクトとなるでしょう」

ウォルマートによれば、この新サービスはトロント都市圏全世帯の約40%を配達エリアとしてカバーしており、同社の実店舗で最も購買頻度の高い約4000種類の商品を注文することができる。

注文を受けた商品は、同都市圏にあるウォルマート10店舗のうち顧客の最寄り店舗から出荷する。

「ショッパー」と呼ばれるインスタカートの買い物代行スタッフが、ウォルマートナウで注文された商品を店頭で選び、袋詰めした上で顧客に届ける。

「インスタカートプラス(Instacart +)」の会員(会費は月額9.99ドル、年額99ドル)は、サービス利用料として購入金額の5%を支払う。配送料はかからない。

また、インスタカートプラス会員以外の利用者は、15%のサービス利用料と2.99ドルの配送料を負担する必要がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular