無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブレア元首相の息子のスタートアップがユニコーン入り。見習い実習プログラムで「大卒でなくても大企業に就職」目指す

ユアン・ブレア

マルチバース創業者兼CEOのユアン・ブレア。

Multiverse

公共に資するプロジェクトに取り組むことは、ユアン・ブレアの血筋である。

イギリスのトニー・ブレア元首相と法廷弁護士のシェリー・ブース・ブレア(Cherie Booth Blair)の息子である彼は、若い頃からイギリスで最も権力と影響力のある人物の近くで育った。

現在ブレアは、見習い実習プログラムのスタートアップ企業であるマルチバース(Multiverse)のCEOとして、アメリカやイギリスでは深刻な社会課題となっている高等教育のモデルに取り組んでいる。マルチバースのプログラムでは、4年制大学を修了していない人でも、Visaやシスコ(Cisco)といった企業でトレーニングを受けたインストラクターとの見習い実習制度を通じて、実際の技術スキルを習得できる。

ブレアは、労働力の公平な競争を目指す会社を立ち上げる、という目標を以前から明確に持っていたわけではない。大学卒業後すぐにモルガン・スタンレーで投資銀行業務に就いたが、やがて、ほとんどが白人で男性という多様性を欠いた職場の実情に悩むようになった。この同質性を許容している不公平さが、ブレアには嫌というほど見えていた。

「私は公平であること、機会が等しくあることを重んじています。そして、仕事とは人々に機会をもたらすための解決方法なんだといつも考えてきました」とブレアは言う。

ブレアはモルガン・スタンレーを辞め、長期失業者の就職支援を行う人材派遣会社サリナ・ルッソ(Sarina Russo)に転職すると、3年も経たずに同社のCEOに就任した。しかし、そこで紹介する仕事はほとんどがサービス業界の臨時職員だったため、同社の仕事が十分に人の役に立っているとは感じられなかった。

その後ブレアは、次の10年でベストと言われる仕事を、これまでおいしい思いをしてきた一部の人だけに独占させないようにすることに「執着」するようになったという。

「これを解決できなければ、多くの人がこの先の社会に自分の居場所はないと感じてしまうでしょう」とブレアは言う。時折両親のように政治家になることも考えたが、結局、民間の立場からこの問題の解決に取り組むことにした。

「政府、社会、ビジネスで起きることの因果関係を結びつけ、ビジネスの視点からそれを実行できれば、自分がやろうとしていることをもっと自由度高く達成できますから」

ブレアは2016年にサリナ・ルッソを退職し、労働力のスキルギャップ解消を目指して、旧友のソフィ・アデルマン(Sophie Adelman)とともにホワイトハット(WhiteHat)を設立した。同社はその後、マルチバースに社名を変更する(アデルマンはその後退職)。マルチバースは、データ分析やソーシャルメディア・マーケティングなどの分野で見習い実習を実施しており、パートナー企業での訓練を通じて、将来の雇用機会につながる道を提供している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular