無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


カラビナ付きだから持ち運びに便利、しかもパワフルなハンディファン

画像

Image: Amazon.co.jp

こちらの記事は、ルーミーから一部編集の上、転載しています。

もはやハンディファンは、日本の風物詩になった感すらある。夏の熱中症対策として、積極的に使いたいものだ。

とはいえ、風量が物足りないものや、ずっと手で持っていなければいけないものになると、使い勝手が良いとは言えない。

吊り下げタイプにも卓上タイプにもなるRHYTHM(リズム)の「Silky Wind Mobile 3」は、2重反転ファンを搭載したパワフルなハンディファン

とりあえず選んでおけば間違いないアイテムだ。

風の到達距離が長い2重反転ファン

画像

Image: Amazon.co.jp

一部のプロペラ戦闘機や、大型船舶などに採用されている2重反転プロペラは、構造が複雑になる代わりに、大きな推進力が得られるシステム。

「Silky Wind Mobile 3」の2重反転ファンも、同様の効果を狙って採用されているものだ。

その実力は、上の画像で見てのとおり。一般的な1枚羽根より強い風を起こすことができるので、風の到達距離が長くなっている。

この2重反転ファンだけでも、購入する価値がある「Silky Wind Mobile 3」だが、ポイントはこれだけではない。

手軽にフックできるカラビナ付き

画像

Image: Amazon.co.jp

持ち手の下端に付けられているDカンは、カラビナとして使える仕様。

バッグのショルダーストラップや、ベルトフックなどにサッと引っ掛けておけるのはもちろん、付属のストラップをセットすることで首掛けすることもできる

画像

Image: Amazon.co.jp

ハンズフリーで使えることのメリットは、今さら言うまでもないだろう。

ずっと顔に向けて持っておくのは相当に疲れるし、片手がふさがってしまうと、何かと不便なものだ。

卓上扇風機としても

画像

Image: Amazon.co.jp

さらに、デスクワーク中には卓上扇風機としても活躍してくれる。

エアコンの風向きに合わせて配置し、サーキュレーターのように使うのもいいだろう。

角度調節は無段階式。ピンポイントで欲しい角度にセット可能だ。

実用的な10時間駆動

画像

Image: Amazon.co.jp

満充電からの最大使用時間は、公称で約10時間。

風の強さは、弱・中・強・ターボの4段階切替式。ターボで回しっぱなしにすると実使用時間が短くなるはずだが、ほぼ昼間しか使わないと考えれば、そう気にすることもないだろう。

値段も手ごろな3千円切り(執筆時点)。新しいハンディファンを探してるなら、絶対にチェックしておくべきだ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

文: 田中宏和/Image・Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み