無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


渋谷区がLINEとセブンATMで実証実験「里帰り出産でも助成金を受け取れる」

会見

写真左からセブン・ペイメントサービスの河邉弦社長、セブン銀行の松橋正明社長、渋谷区副区長の澤田伸氏、Bot Expressの中嶋一樹社長。

撮影:小林優多郎

渋谷区とセブン銀行、Bot Expressの3社が7月1日から、渋谷区の「ハッピーマザー出産助成金制度」に関する実証実験を開始した。

今回の実証実験では、従来の窓口や郵送ベースの申請に加え、渋谷区のLINE公式アカウントをベースとした申請や、全国約2万6000台のセブンATMで助成金を受け取れるようにする。

実証実験は2023年6月30日まで実施予定。

申請はLINEとマイナンバーカード、受け取りはセブン銀行ATMで

LINEチャット

渋谷区のLINE公式アカウントで申請ができる。

撮影:小林優多郎

実証実験の流れは非常にシンプルだ。

まず、渋谷区のハッピーマザー出産助成金制度の対象者(健康保険に加入し、出産日の3カ月前から申請日まで渋谷区在住)が、自身のLINEアカウントで、渋谷区のLINE公式アカウントを友だち登録をする。

続いて、申請に必要な情報を入力していく。入力すべき内容は、基本的に渋谷区のLINE公式アカウントのボットとの対話方式で入力する。

マイナンバーカードで認証

マイナンバーカードで個人認証が可能。

撮影:小林優多郎

その中で、本人確認が必要になるが、「顔認証」と「マイナンバーカード」の2パターンが用意されている。

顔認証は運転免許証と自撮り動画を組み合わせたいわゆる「首振り撮影」の確認方法のこと。

一方、マイナンバーカードは、公的個人認証サービス(JPKI)を利用する。iPhoneやおサイフケータイ搭載のAndroid端末など、対応のスマートフォンをカードにかざし、パスワードを入力するだけで完了する。

職員の画面

職員の画面と、通知画面。

撮影:小林優多郎

データはBot Expressの行政窓口プラットフォームサービス「GovTech Express」を通して、渋谷区職員が審査をする。

申請内容に特に問題がなければ、「申請月の翌月末まで」(渋谷区 区民部 国民健康保険課 関藤賢司氏)には、申請したLINEアカウント宛にセブン銀行ATMで助成金を受け取るための複数の番号が送付される。

あとは、申請者が最寄りのセブン銀行ATMに送付された番号を入力し、現金を受け取れる、というわけだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み