無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イギリス政府がスタートアップ業界テコ入れへ。「科学技術大国としての認知に多額の資本必要」VCら提言

ロンドンの町並み

CHUNYIP WONG/Getty Images

イギリスのスタートアップシーンは、ヨーロッパのテック・エコシステムの頂点に長く君臨してきた。

ベンチャーキャピタル(VC)であるアトミコ(Atomico)のデータによると、過去5年間でイギリス国内のスタートアップに投資された金額は約750億ドル(約10兆円、1ドル=130円換算)にのぼり、これはドイツやフランスの2倍に相当する。

ソフトバンクグループが支援するレボリュート(Revolut)や、上場を果たした送金会社ワイズ(Wise)といった企業のおかげで、ロンドンは世界のフィンテック・ハブとしての評判を保っている。

しかし、インフレ率の上昇、景気後退、市場の混乱などを背景に、イギリスのスタートアップ業界の先行きは不透明なようだ。イギリス政府は国内のVC市場について調査を開始し、各社がスケールアップのための資金をどの程度確保できるか、把握に乗り出した。

この調査では、国内のVC業界のリーダーたちから300ページ近くに及ぶ意見書が提出された。そこには実にさまざまな要望が記載されている。

Insiderは提出された意見書を精査し、そこから読み取れる重要なポイントを5つ特定した。以下で詳しく紹介しよう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular