無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【KDDI通信障害】なぜ長期化した? 社長会見の後に新たな問題を発見、対処していた

KDDI説明会

写真左からKDDIの執行役員 技術統括本部 副統括本部長兼エンジニアリング推進本部長を務める山本和弘氏。取締役執行役員専務 技術統括本部長を務める吉村和幸氏。

出典:KDDI

KDDIが7月2日から発生している大規模通信障害の「回復」の状況について、7月4日20時に緊急のオンライン説明会を開いた。内容は、障害対応の進捗についての詳細な報告だ

結論から言えば、既に一報が出ている通り、一般ユーザーについては音声、SMS、データ通信ともに「ほぼ回復している」というのがKDDIの見解だ。

現時点でも手元のスマートフォンなどでつながりにくい状況などが続いている場合、KDDIは端末の再起動を推奨している。

【2022年7月5日19:45更新】

KDDIは、7月5日18時から会見を実施。同日15時36分で、7月2日から全国のKDDI回線がつながりにくくなっている問題について、完全復旧を宣言した。

会見時点での障害による影響発生期間は7月2日1時35分から7月4日15時で、時間としては61時間25分。

復旧から完全復旧宣言までに約24時間かかったが、その間に音声通話におけるトラフィックの量が、障害発生前である先週日と同等であることを確認したという。

また、7月5日13時時点でのカスタマーサポート部門への通信障害に関する問い合わせ件数は9万6723件としている。

7月4日20時には、通信障害の「回復」の状況について、緊急のオンライン説明会が開かれていた。内容は、障害対応の進捗についての詳細な報告だ。

7月3日の会見後、想定外の事象でさらに長期化

概要

障害の影響範囲。

出典:KDDI

既報の通り、今回の通信障害は7月2日1時35分から、全国のKDDI回線において、個人・法人を問わずつながりにくい状況が続いた。

KDDIによると、影響回線数は最大約3915万回線で、これにはスマートフォンやフィーチャーフォン、MVNO(格安SIM)向け回線、IoT回線、ホームプラス電話回線が含まれる。

同社は、7月3日11時に西日本エリア、同日17時30分に東日本エリアに関する修復作業を完了。その後、アクセス集中して処理能力を超える輻輳(ふくそう)状態を抑えるため、流量制限などを実施した。

会見後の対応

7月3日の会見で明かされていた対応状況。

出典:KDDI

ここまでが、7月3日昼頃の会見で計画が発表され、実行された事柄だったが、7月4日の緊急説明会ではさらにその後、別の障害が発生していたことが明らかになった。

KDDIは7月3日の修復作業終了後に、ネットワークのトラフィックを監視。その中で、対処を行なったはずの「VoLTE交換機」および「加入者データベース(DB)」の負荷が当初想定していたより下がらなかった。

そのため、KDDIは7月4日7時時点の障害情報にて、「流量制御などの対処を講じているため、音声通話がご利用しづらい 状況が継続しております」と公表。ユーザーに障害が続いている旨を伝えた。

VoLTE取り除く

7月4日に新たに対応した内容。

出典:KDDI

その後、通常時18台稼動するVoLTE交換機のうち、6台が加入者DBに対して過剰な信号発信をしていることがわかった。

システムから該当する6台を取り除き、12台体制で稼動させることで、負荷を障害発生前と同水準まで戻した。

その後、7月4日14時15分には流量制限を解除し、ネットワークは「ほぼ正常」に戻った——というのがKDDIが説明する回復までの経緯だ。

なお、KDDIは7月4日16時付けの障害情報で初めて「音声通話・データ通信含め全国的にほぼ回復しています」としていた。

実際の復旧作業と情報開示の時差について、KDDI執行役員 技術統括本部 副統括本部長兼エンジニアリング推進本部長の山本和弘氏は「ネットワークの健全性の確認等、状況を確認していたため」としている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み