無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


独立記念日のパレードで銃乱射…バイデン大統領は支援を表明「銃との戦いをあきらめない」

2022年7月4日、ホワイトハウスでスピーチをするバイデン大統領。

2022年7月4日、ホワイトハウスで軍人の家族をもてなすイベントに先立ってスピーチをするバイデン大統領。

AP Photo/Evan Vucci

  • バイデン大統領は、イリノイ州ハイランドパークの独立記念日の祝賀パレードで起きた銃乱射事件に「ショックを受けている」と述べた。
  • 連邦法執行機関が地元当局の銃撃犯の捜査を支援するという。
  • バイデンは6月、注目を集めた超党派の銃器改革法案に署名したばかりだった。

アメリカのジョー・バイデン大統領は2022年7月4日、全米で相次ぐ銃乱射事件の最新の事件となったイリノイ州ハイランドパークの独立記念日パレードでの銃乱射事件について、衝撃を受けたと述べた。

大統領は声明で、ジル・バイデン大統領夫人とともに、現場の救急隊員や警察官に感謝を表明し、連邦法執行機関が銃撃犯の捜査を支援すると付け加えた。

「ジルと私は、この独立記念日に、アメリカのコミュニティに再び悲しみをもたらした無意味な銃乱射事件にショックを受けている。いつものように現場の初期対応者と法執行機関に感謝する」

そして、「私はプリツカー知事、ローテリング市長と話をし、連邦政府の全面的な支援を提供することを伝えた。また、現在も逃走中の犯人の捜索のため、連邦法執行機関を増員した。地域の人々は、現場のリーダーに従ってほしい。私は、犠牲になられた方々のご冥福を祈り、また、重傷で入院中の方々の回復を祈っている」と付け加えた。

バイデン大統領の発言は、この事件で少なくとも6人が死亡し、さらに24人が重傷を負ったという知らせを受けてのものだ。

当局は銃撃の動機について明らかにしていない。

大統領はまた、1990年代以降に議会で可決された銃器関連法案の中で最も重要なものの一つである「超党派のより安全な地域社会法案(the Bipartisan Safer Communities Act)」に6月に署名したことに触れた。

「私は最近、約30年ぶりとなる超党派の主要な銃器改革法案に署名し、法律にした。しかし、やるべきことはまだたくさんあり、私は銃暴力の蔓延との戦いをあきらめるつもりはない」とバイデン大統領は声明で述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み