無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界中でインフレが進み、各国の中央銀行が対策を行っているが効果はまだ見られない

ドイツ・ベルリンのディスカウントスーパーの買い物客。2022年6月15日撮影。

ドイツ・ベルリンのディスカウントスーパーの買い物客。2022年6月15日撮影。

Sean Gallup/Getty Images

  • インフレの嵐が吹き荒れている。これはアメリカだけの話ではない。
  • ウクライナへの侵攻とサプライチェーンの混乱が世界中の物価を引き上げている。
  • 各国の中央銀行もアメリカ連邦準備制度理事会の利上げに呼応し、インフレを抑えようと奮闘している。

COVID-19は地域的な流行として始まり、その後、世界的なパンデミックへと拡大した。インフレも同じような傾向にある。

アメリカ人は何の支払いの際にもうんざりしている。ガソリン価格は過去最高に近い額から下がることはなく、食費は高騰し、住宅価格は月ごとに高くなっている。議員(特に共和党)は、インフレが41年ぶりの高水準に達しているとアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)を非難し、中央銀行による利上げはもっと早く開始されるべきだったと主張している。

しかし、この問題はアメリカに限ったことではない。世界経済がさまざまな圧力にさらされる中、インフレ率は世界各国で歴史的な高水準にある。2022年5月の消費者物価指数は、欧州連合(EU)でも前年同月比で約8.1%上昇しており、アメリカの8.6%をわずかに下回る程度だ。イギリスにおける物価指数の上昇率はさらに大きく、9.1%に達した。何十年にもわたって物価上昇が停滞している日本でさえ、通常よりも高いインフレ率に耐えている。

インフレ率が各国で上昇しているのは、物価上昇を促す世界的な圧力によるところが大きい。ロシアのウクライナ侵攻は最も強力な要因のひとつだ。この紛争によって、天然ガス、石油、穀物、肥料などの価格が瞬く間に上昇した。その後の対ロシア制裁は世界的な流通をさらに妨げ、物価をいっそう上昇させた

物価上昇の打撃は、いくつかの分野に影響を及ぼしている。エネルギー価格の高騰により航空運賃が大幅に上昇し、穀物価格の高騰により食料品店が負担するコストが引き上げられている。さらに肥料価格の高騰により将来にわたって食料品のインフレが高止まりする可能性がある。石油や天然ガスの価格高騰も製造や輸送のコストを押し上げ、消費者をさらに苦しめることにつながっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み