無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


週4日労働を導入したあるイギリス企業は生産性、勤労意欲、収益などすべてが向上…70社3300人が実証実験に参加中

ガーリング・ジョーンズの従業員は、曜日が重ならないように休日を取っているが、月曜日と金曜日は全員がオフィスに出勤している。

ガーリング・ジョーンズの従業員は、曜日が重ならないように休日を取っているが、月曜日と金曜日は全員がオフィスに出勤している。

Girling Jones

  • イギリスで70社3300人の労働者を対象に、週4日労働の実証試験プログラムが行われている。
  • それに参加しているガーリング・ジョーンズは、2022年1月から独自に週4日労働を試験的に導入していた。
  • 同社のアソシエイト・ディレクターによると、生産性、収益、勤労意欲、すべてが向上しているという。

1年前、イギリスのデヴォン州を拠点とする建設人材紹介会社ガーリング・ジョーンズ(Girling Jones)の経営陣は、求職者に対して自社をより魅力的にアピールする方法についてブレインストーミングを行っていた。

同社アソシエイトディレクターのフィオナ・ブラックウェル(Fiona Blackwell)(34歳)がInsiderに語ったところによると、給与の引き上げや労働時間の短縮など、さまざまなアイデアを議論したという。しかし、あるアイデアが何度も出てきた。週4日労働だ。

アイスランドで成功したという週4日労働の試みに触発されて、ブラックウェルのチームでも2022年1月から1年間のテストを実施することになった。12人の従業員が、少ない労働日数で同じ額の給料をもらうという試みだ。当初は従業員の雇用と維持を容易にすることを目標としていたが、ブラックウェルによると「もっと大きなものになった」という。勤務時間中に生産性を高めようという環境が生まれ、従業員の雰囲気も良くなり、さらに収益も上がったのだ。

「今、週4日労働を取り入れているのは、その方がもっと幸せになれるからだ」とブラックウェルは言う。

「家庭生活が充実し、趣味とのバランスも取れていれば、仕事も充実してくるだろう。これらは直結しているからだ。それこそが、当初の目標を超えて、現在我々が週4日労働を導入する理由だ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み