無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アクセンチュア「メタバース会見」にVRゴーグルで参加してみた…VRで取材はちょっと大変

metaverse01

撮影:伊藤有

コンサルティング大手のアクセンチュア日本法人が、メタバース(仮想空間)上で記者発表を開いた。世界各地で展開するアクセンチュアとしても初の試みだ。

筆者はVRで仕事をする記事などを過去何度か書いてきたが、大手企業が記者発表を「メタバース空間だけ」で実施するということは非常に珍しく、自身も初の体験だった。

どんなものだったのか、メタバース記者発表の参加レポートをお届けする。

なぜコンサル企業がメタバース上でイベントをするのか?

accenture

アクセンチュアによるTechnology Vision 2022の概要。

出典:アクセンチュア

アクセンチュアでは、毎年、同社が世界のテクノロジーの流行を取りまとめた「Technology Vision(テクノロジービジョン)」という調査レポートを発表している。

最新の2022年版(Technology Vision 2022)は、「メタバースで会いましょう」と題され、メタバースが主要テーマとして扱われている。

今回のメタバース会見の場所には、国内のメタバースプラットフォーム「cluster」が使われた。

おそらくclusterが選定された背景には、

  • clusterが個人や企業利用で一定の実績があること
  • Meta Quest 2(Oculus Quest 2)での接続以外に、PCやスマホからも容易に接続できること
  • 比較的多人数での同時接続が可能なこと

などを満たすことがあったと思われる。

初の実施ということで、記者向けの事前レクチャーはかなり丁寧に開かれていたようで、事前に複数回の「接続テスト日」を設けていたのは印象に残った。

メタバース記者会見をVRゴーグルで「取材」すると何が起こるか

metaverse04

プレゼンターはアクセンチュアの山根 圭輔氏(テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービスグループ共同日本統括 マネジング・ディレクター)がつとめた。配信中は写真のようにPC版のVRゴーグルを使い、耳には運営側の指示が入るイヤホンを付けたりなど重装備でのぞんでいたと言う。

撮影:伊藤有

アクセンチュア広報によると、参加したプレスは約60名。そのうち40名以上が、何らかのclusterアプリからの参加者だったという。

イベントの開始時刻になると、プレゼンターを務めるアクセンチュア テクノロジーコンサルティング本部の山根 圭輔氏(インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービスグループ共同日本統括 マネジング・ディレクター) によるプレゼンテーションが始まった。

まず感じたのは、Zoomなどのビデオ会議形式とは、まったく違う体験であるということだ。

プレゼンターが本人をデフォルメしたオリジナルのアバターだったこともあり、実際に「その人がステージ上にいて、話している」という実在感・臨場感が強くある。

臨場感のポイントは、Quest 2(VRゴーグル)で参加すること。おそらくスマホアプリからの参加では、「没入感」は相当に減退してしまうはずだ。

metaverse02

プレゼンテーション資料は全70ページ以上におよぶもの。

撮影:伊藤有

metaberse000

テクノロジートレンドのまとめとして、今あるメタバースの流行は、4つのトレンドと3つの連続体という考え方によってマッピングできる、とした。

出典:アクセンチュア

メタバース上のイベントでは、プレゼンテーションを見ながら「取材」をすることになる。

しばらく会場で試行錯誤してみたが、取材者目線でメリット・デメリットを整理するとこんな具合になる。

便利なこと:映像や音声の記録が簡単

Quest2は録画機能があるため、自分の視野で見ている映像と音声を、そのまま動画記録できる。聞き漏らしや、映像の撮り漏らしも、(自分が目をそらさない限りは)ない。

不便なこと:「メモ」がかなり取りづらい

当然のことなのだが「メモ」が非常にしづらい。筆者は気になる発言や「あとで確認しよう」という内容を取材しながらメモしていくようにしているが、Quest2をかぶっていると手元が全く見えない。

現状、同時にメモアプリ的なものをシームレスに使う機能はQuest2にはない。ゴーグルのスキマからPC画面を見てメモをとるのも疲れるので、記者発表が始まって早々に「メモはしない、質問があれば、覚えておいてあとで聞く」ということにした。

幸い、録画が容易なので、映像を振り返りながらまとめることは簡単だ。

イベントの時間は1時間強と、それなりの長さだった。

総じて、運営のオペレーションは非常にスムーズで、これには驚いた。

山根氏のプレゼンテーションも何度かテストを重ねた上で登壇に臨んだのではないか、と感じられるこなれた印象があった。

それもあって、VR空間の中で1時間以上のプレゼンテーションを聞き、質疑応答も進める、というのは比較的集中してできたように思う。

企業側の手応えは?

metaverse03

参加者の様子。VRゴーグルやデスクトップアプリ、スマホアプリなど色々な環境から参加していたと思われる。アクセンチュア関係者をのぞき、40名以上の記者陣がこうしたアバターの姿で参加していた。

撮影:伊藤有

質疑応答のなかで、山根氏は初となるメタバース開催を選んだ理由として「メディアやクライアント向けに実施するのは私としても初の試み」とした上で、社内のプロジェクトを国内外の拠点を結んで進めるなかでは、VRアバターで集まって会議をするケースがあったからだと話した。

「日本も海外も分かれた上でアジャイル開発をしている。そういうときに、たまにVRアバターで集まって会議をすると、“リアルに会った”感じで、ディスカッションがはかどる。(そういう経験から)記者発表もこれでやろう、というイメージ」

山根氏としては、メタバースとZoomの違いは「メタバースはあくまで(人に)会うために、リアルで会うのと同じような意味あいがある」と、コミュニケーションにおける没入感の違いと理解・合意形成に有用だという見方を示した。

そういう意味では、環境さえ整えば、ビデオ会議形式の記者発表よりは効果が高い、と感じているようだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み