無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


クルーズ船で暮らす人が急増中…飲食代含めて1日5600円、早期リタイアした夫婦がそれを選んだ理由

※本記事は、2022年5月31日に公開した記事の再掲です。

船

クルーズ船で暮らすことがトレンドになりつつある。

Getty Images

  • シアトルのある夫婦は、早期リタイアしてクルーズ船で生活することを決めた。
  • アンジェリンとリチャードのバーク夫妻によると、経済的に理にかなっており、コストは住宅ローンより低いという。
  • 彼らは1日35ポンド(約5600円)で、クルーズ船での暮らしを楽しむコミュニティに加わった。

シアトルのある夫婦によると、家を売って早期リタイアし、クルーズ船で常に暮らすことは経済的に理にかなっているという。

アンジェリンとリチャードのバーク夫妻(Angelyn and Richard Burk)の話は、オーストラリアの放送局7NewsとイギリスのIndependentが最初に報じた。

元会計士のアンジェリン・バーク(Angelyn Burk)さんの計算では、飲食代をすべて含めて1日35ポンド(約5600円)で、クルーズ船を恒久の家にできる。「私たちは旅行が大好きで、退職にずっと旅行できて、なおかつ、経済的に理にかなっている方法を探していた」と、バークさんは7Newsに語った。

この夫婦は自宅を売却して、2021年5月に最初のクルーズ船の旅に出た。それ以来、陸地で眠ることは稀で、クルーズの合間には友人や親戚の家に泊めてもらっているという。

「普段からクルーズを使っている人にとっては実現可能だが、努力は必要だ」とバークさんは語り、彼らは次のクルーズも前もって計画していると付け加えた。

この夫婦は洋上での新しい生活を始めてから、イタリア、アイスランド、シンガポールを訪れ、シアトルからシドニーまで51日間のクルーズを楽しんでいる。

「我々の最初の計画では、異なる国に1カ月間ずつ滞在し、歳を重ねたら最終的にはクルーズ船にリタイアするつもりだった」とバークさんは語った。

洋上での生活は人気が高まっているようだ。元クルーズディレクターのクリスティーン・ケストラー(Christine Kesteloo)さんは2022年4月、パンデミック期間に職を失った後、1年の半分をクルーズ船で生活しているとInsiderに語った。ケストラーさんは現在、1年の半分をクルーズ船のチーフエンジニアである夫とともに船に乗り、残りの半年をオランダの自宅で過ごしている。

このトレンドを利用しようとしているのが、以前Insiderの記事で紹介した、海上住居コミュニティ企業のStorylinesだ。同社は新しいクルーズ船の家具付住居を50万ドル(約6400万円)で販売している。このクルーズ船には、シアター、3つのプール、20店のレストラン、ウェルネスセンターができる予定だ。

「クルーズ船にないものは、持つ必要性がないもの」だとStorylinesの共同創業者でCEOのアリスター・パントン(Alister Punton)氏は述べている。同社は12年、24年、60年のリース契約を販売中で、2024年には6大陸を1000日でめぐる旅を開始する予定だ。

[原文:A retired couple sold their home so they could permanently live on cruise ships for less than $43 a day

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み