無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ファミマが「コンビニバイトをガクチカに」する就活講座。背景に大学生の人手不足

ファミリーマートが店舗で働く大学生を対象とした独自の就活支援講座を開始した。コンビニバイトを「ガクチカ」にするためのエントリーシート添削などを行うという。取り組みの経緯を聞いた。

問題解決能力が就活の強みに

ファミリーマート、就活

ファミリーマートが店舗で働く大学生向けの就活講座を開始した。コンビニバイトを「ガクチカ」にする試みとは?

撮影:今村拓馬、三ツ村崇志

ファミリーマート初となるこの試みは、同社がベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社・ベネッセi-キャリアが運営する新卒就活支援サイト「dodaキャンパス」と協業したものだ。

店舗でアルバイトとして働く大学3年生らを対象に、コンビニアルバイトの経験を「学生時代に力を入れたこと」、いわゆる「ガクチカ」として就職活動に生かすためのプログラムをオンラインで提供する。

すでに大学3年生向け講座の1回目が6月に実施され、エントリーシートを1万件以上見た経験を持つ講師が、ファミリーマートのアルバイトでどう自己PRすればいいか、エントリーシート作成のポイントを伝え、添削指導を行った。

しかしガクチカといえば、インターンシップやサークル・社会貢献活動などを想像する向きが多いだろう。講座を担当するファミリーマート店舗運営業務部の担当者は、コンビニバイトの「ガクチカ」としての価値をこう語る。

「接客や売場づくり、新人ストアスタッフへのトレーニングやお客様からのクレーム対応など、コンビニのアルバイトはマルチタスクが要求されます。問題解決能力が身につくのも特徴です。

その力を就活に生かして欲しいと思い、この講座を開始しました」

実際、ファミリーマートのアルバイトで培った接客経験を生かし、ホテル業界の有名企業に就職した学生もいたという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み