無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


3800年前、チリで史上最大の地震が起きた… その大津波でニュージーランド沿岸は約1000年間、人が住めない状態に

※本記事は、2022年5月5日に公開した記事の再掲です。

巨大な波

Getty Images

  • 約3800年前にマグニチュード9.5の地震がチリ北部で発生していたことが新たな研究で分かった。
  • この地震によって巨大な津波が発生し、ニュージーランドに押し寄せたという。
  • 津波に襲われた沿岸部は、その壊滅的な影響により、1000年にわたって人が住めない状態になったと考えられている。

「Science Advances」に掲載された新たな研究論文によると、人類史上最大の地震が約8000km離れた場所に巨大な津波をもたらし、1000年にわたり沿岸部を荒廃させた証拠が発見されたとLiveScienceが報じている

そのマグニチュード9.5の地震は、チリ北部で約3800年前に発生したと、論文では結論づけられている。

この地震はメガトラスト地震と呼ばれ、あるプレートが別のプレートの下に押し込まれたときに発生するという。このような地震は、しばしば地震そのものよりも壊滅的な津波を引き起こす。

論文によると、この地震によって巨大な津波が発生し、高さ20mの津波がニュージーランドに到達したという。

サウサンプトン大学の声明によると、この津波で車ほど大きな巨石が、内陸に向かって最大1000kmほど押し流され、沿岸部は1000年にわたって人が住めなくなったという。

地図

津波は、震源地から8000km(5000マイル)以上離れたニュージーランドまで到達したという。

Insider/Google Maps

論文の共同執筆者であるサウサンプトン大学のジェームズ・ゴフ(James Goff)教授は、海洋堆積物が「かなり内陸に入った高い位置」で発見されたと声明で述べている。

「それらが嵐で運ばれるはずがない」

また、チリ北部の沿岸部では、津波による堆積物の下から、人類が築いた古代の石造の建物の跡が発掘されたとLiveScienceが報じている。

建物跡

チリのサパテロ遺跡で発見された石造の建物跡。

Gabriel Easton, University of Southampton

建物は海に向かって倒れた形跡があり、津波の引き潮で倒されたことを示唆している。「そこに住んでいた人々はすべてを失っただろう」とゴフは声明で述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み