無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


空港の未来の姿…100人の乗客に対して同時に個別の情報を表示できるスクリーン

 Delta

Delta

  • デトロイト空港に未来型スクリーンが登場した。
  • 「パラレル・リアリティ」と名づけられたこのスクリーンには、100人の乗客に対して同時に個別の情報を表示できる。
  • デルタ航空がこのスクリーンのテストを行っている。

くしゃくしゃの搭乗券を捨て、何千ものフライト情報を眺める必要のない時代がやってきた。デルタ航空(Delta Air Lines)が空港での体験をSFの世界のように変えたのだ。

デルタ航空はカリフォルニアに拠点を置くスタートアップMisapplied Sciencesと提携し、デトロイト空港にフライトインフォメーションボードを設置した。これは、未来的な技術によって、複数の乗客に対してフライトに関する個別情報を同時に表示できるというものだ。

「パラレル・リアリティ(Parallel Reality)」と名づけられたこのスクリーンは、最大100人に対して、同じ画面でありながら、まったく別のものを写し出すことができる。それぞれの乗客のゲート番号や出発時刻、さらには歩く方向や到達に要する時間までが表示される。その仕組みを紹介しよう。

スクリーンを利用したい乗客は、まずキオスクで「オプトイン」をする

このスクリーンを利用するには、乗客は保安検査場を通過した場所にあるキオスクで、オプトインする必要がある。

このスクリーンを利用するには、乗客は保安検査場を通過した場所にあるキオスクで、オプトインする必要がある。

Delta

保安検査場を通過すると「パラレル・リアリティ体験」キオスクがあるので、乗客はそこでスクリーンを見る体験にオプトイン(参加手続き)するかどうか選択する。

プライバシーに関する懸念を払拭するため、体験に参加することを選択しない乗客にはスクリーンが作動しないようにしたとMisapplied Sciencesのアルバート・エン(Albert Ng)CEOはInsiderに語っている。

「空港で歩いている人すべてを検知しようとしているわけではない」と彼は言う。

パラレル・リアリティ体験にオプトインしなかった人にとって、スクリーンは何の変哲もない普通のものであり、個人情報は一切表示されず、他の人の情報を見ることもない。

搭乗券か顔の認証で体験開始

搭乗券か顔の認証でオプトインした場合のみ、スクリーンにその乗客の情報が表示される。

搭乗券か顔の認証でオプトインした場合のみ、スクリーンにその乗客の情報が表示される。

Delta

搭乗券をスキャンするか、デルタ航空のデジタルID顔認証システムを利用することで、体験が始められる。

「(オプトインすることで)乗客の情報と所在場所が結びつけられ、モーションカメラが乗客の姿を追えるようになる」とデルタ航空の空港体験担当マネージングディレクター、グレッグ・フォーブス(Greg Forbes)がInsiderに語っている。

「それによってスクリーンが情報を発信する向きが定まる。乗客が移動するとその位置が追跡され、乗客に向けたメッセージも後を追うように表示される」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み