無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


オミクロン株「BA.5」系統が感染拡大の主な要因に…米当局はブースター接種を準備

オミクロン株BA.5系統

アメリカではオミクロン株のBA.5系統が主流になってきている。

Spencer Platt/Getty Images

  • オミクロン株のBA.5系統が、アメリカにおけるCOVID-19の主流となっている。
  • CDCの新しい推計によると、感染例の約54%がBA.5であることが分かった。
  • この夏、アメリカでは感染例と入院患者者数が急増している。

アメリカ疾病予防対策センター(CDC)の新しい推計によると、新型コロナウイルスのオミクロン株のBA.5系統が、アメリカを悩ませているCOVID-19感染拡大で支配的な株となっているという。

CDCは2022年7月5日に新しい推定値を発表し、前週に記録されたCOVID-19新規感染の53.6%がBA.5であったことを示した。一方、BA.4系統は新規感染者の16.5%を占めており、7月2日までの1週間にアメリカで記録されたCOVID-19感染者の70%以上がこれら2つによるものだったことになる。これらの数字から、BA.5は最近再び急増しているCOVID-19の主な要因であると考えられる。

ニューヨーク・タイムズのCOVID-19症例追跡サイトによると、7月4日の時点で1週間の新規感染の1日平均は10万5754件で、2週間前で10%増加している。また、入院患者は12%増えて1日平均3万3953人、集中治療室への入院は11%増加し、1日平均3793件に達している。

オミクロン株のBA.4とBA.5は、COVID-19ワクチンや過去の感染によって得られるウイルスに対する防御を回避することができる変異を持つことが知られている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み