無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジョンソン英首相が保守党の党首辞任を表明 後任決まる秋まで首相職は続投方針【UPDATE】

会見するイギリスのジョンソン首相(2022/07/07)

会見するイギリスのジョンソン首相(2022/07/07)

REUTERS/HENRY NICHOLLS

【UPDATE】イギリスのボリス・ジョンソン首相は7月7日に首相官邸で会見し、与党・保守党の党首を辞任すると表明した。後任の党首が決める今秋までは首相職を続投する方針。保守党の党首選は今夏にも実施される見通しだ。

BBCによると、会見要旨は以下の通り

ジョンソン氏は、閣僚が相次ぎ辞任したこの数日間について、辞任をすぐに決断しなかったのは有権者の付託を実現したいとの思いからだったと話した。

また、EU離脱を成功させ、イギリスをパンデミックから救い、ロシアのウクライナ侵攻に対して欧州を牽引して立ち向かったことなど、こうした功績を誇りに思うとの趣旨を述べた。

「世界最高の仕事を手放すことが、どれほど悲しいことか」を国民に知らせたかったが「それは仕方がないことだ」とも話した

その上で妻のキャリーさんに敬意を表し、「キャリーと子供たち、そして長い間我慢しなければならなかった家族全員に感謝したい」と語った。(2022/07/07 22:20)

イギリスのボリス・ジョンソン首相が与党・保守党の党首を辞任する意向を固めたとBBCやスカイニュースなど現地メディアが相次ぎ速報で伝えた。

BBCによるとジョンソン氏は引き続き秋までは首相職にとどまるという。与党・保守党は後任を決める党首選をこの夏に開き、10月の党大会までには新首相が誕生する見通しだ。

ジョンソン氏を巡っては、コロナ禍のロックダウン下に首相官邸で開かれたパーティーに参加したスキャンダルなどで党内外から批判され、7月に入ってジョンソン氏を信頼できなくなったとして重要閣僚が相次ぎ辞任。退陣圧力が高まっていた。

6月には保守党内で信任投票が実施され、「信任:211票、不信任:148票」で続投が決まったが、4割超が不信任を占める厳しい結果となっていた。

さらに同じ6月に実施された下院の2選挙区の補欠選挙でいずれも保守党が敗北し、党幹事長が辞任。折からのインフレも影響し、ジョンソン政権への批判の高まりが伺えた。

7月5日にはスーナク財務相、ジャヴィド保健相など重要閣僚が相次ぎ辞任BBCは「痴漢行為をしたと報じられた議員を、ジョンソン氏が与党・保守党の要職に任命していたことを問題視していた」と、信頼できなくなったジョンソン氏への抗議が辞任理由だと伝えた。

党重鎮で閣僚の一員でもあったマイケル・ゴーヴ氏もジョンソン氏の辞任を求めるなど、政権への退陣圧力は日増しに高まっていた。

スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相は、ジョンソン氏の保守党党首辞任意向の報道を受けて「ここ数日(実際のところは数カ月)の混乱に終止符が打たれ、安堵感が広がっているだろう」としつつ、ジョンソン氏が秋まで首相職に留まることは無理筋ではないかとの見解をツイートした。

REUTERS/PHIL NOBLE

(※随時情報を更新します)

(文・吉川慧

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み