無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソフトバンクG幹部の大反乱、自前ファンド設立の副社長がついに辞任。孫正義氏はなぜ静観?

prime_softbank_misra

ソフトバンクグループの投資事業「ビジョン・ファンド」と別に自前のファンド設立に乗り出すラジーブ・ミスラ副社長(7月27日時点。その後、8月31日に副社長辞任を発表)。

Screenshot of Softbank Vision Fund website

※7月27日に以下の更新を行った後、ラジーブ・ミスラ副社長が辞任を発表するに至り、内容を再度更新しました(8月31日時点)。

※ミスラ副社長の独自ファンド設立を報じた記事公開(7月8日)後、ソフトバンクグループの現役マネージングパートナー2人が退社して合流することが報じられたため、内容を更新しました(7月27日時点)。

ソフトバンクグループの投資事業「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を長年率い、同社が世界最大の投資会社へと変ぼうを遂げるけん引役となったラジーブ・ミスラが、現在の役職の一部から退き、60億ドル(約8100億円)規模のファンドを自ら立ち上げることが分かった。

リンクトイン(LinkedIn)のプロフィールによれば、ミスラはメリルリンチで8年、ドイツ銀行で12年、さらにUBSで4年と、世界最大級の金融機関で債券やコモディティを担当する経営幹部として活躍。

2014年に金融財務戦略(ストラテジック・ファイナンス)責任者としてソフトバンクグループに移り、副社長兼英ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ最高経営責任者(CEO)を務めてきた。

自前のファンド設立後も副社長には留任するとしていたが、8月31日に副社長職も退くことが突如同社から発表された。Insiderは二転三転する事態の異常さを繰り返し報道してきたが、9月1日朝時点で同社から一連の動きの背景について説明は一切ない。

ミスラは在任時、孫正義会長兼社長の右腕として、配車サービス大手ウーバー(Uber)、シェアオフィス大手ウィーワーク(WeWork)、フードデリバリー大手ドアダッシュ(DoorDash)への巨額投資を推進してきた。

ただし、ウィーワークは2019年に計画した新規株式公開(IPO)で挫折し、ウーバーも上場直後から株価下落続きで公正価値が減少。ソフトバンクグループが2020年3月期の通期決算で約1兆円という創業以来最大の最終赤字(当時、22年3月期に約1.7兆円赤字で更新)を記録する要因にもなった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular