無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中古のハマーEV、希望価格の約3倍で落札…生産のペースが上がらず品薄状態に

Joe Biden test drives an electric Hummer at GM's Detroit factory in November 2021.

2021年11月、GMのデトロイト工場で電気自動車のハマーに試乗するジョー・バイデン大統領。

Mandel Ngan/Getty Images

  • ハマーEVには、希望販売価格の3倍近い価格で転売されている。
  • GMCは、ハマーEVのピックアップトラックとSUV、合わせて7万7500台以上の予約を処理するのに苦労している。
  • GMCは生産を拡大しているが、2022年12月以降ハマーEVを372台しか納車できていない。

2022年6月30日から7月2日にかけてラスベガスで開催された世界最大級の自動車オークション「バレットジャクソン(Barrett-Jackson)」で、ほとんど乗られていないGMCのハマーEV(Hummer EV)が、当初の希望小売価格の約3倍にあたる32万4500ドル(4410万円)で落札された。

ワンオーナーだったこの電気自動車の走行距離計は、わずか48マイル(約77キロメートル)。数少ない「ハマーEV エディション1(Hummer EV Edition 1)」の1台で、ディーラー希望販売価格をはるかに上回る価格がついた。2022年4月と5月には、2台の中古のハマーEVがオンラインオークションに出品され、それぞれ27万5000ドル(約3738万円)と26万420ドル(約3541万円)で落札された。ともに走行距離は1000マイル(約1609キロメートル)未満だった。

62c5e7a27328350018c7b0b2

Courtesy of Barrett Jackson's Las Vegas Auction

「ハマーEV エディション1」の希望販売価格は約11万ドル(1496万円)だったが、この電動ピックアップトラックはGMCの発表以降、非常に高い需要があった。

高値がつくオークションが、熱心なバイヤーにとってハマーEVを手に入れる唯一の方法かもしれない。

ハマーEVのピックアップトラックとSUVは2023年生産分まで完売しており、7万7500台を超える予約が入っている。だが2021年12月の発売から現在まで、GMCが納車したピックアップトラックは372台だけだ。

2022年6月、デトロイトにあるGMのファクトリー・ゼロ(Factory ZERO)では、このピックアップトラックを1日あたり12台程度しか生産できていないことをウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は報じている。また、GMCが現在の生産ペースで予約分をすべて納車するには約17年半かかるとザ・ヴァージ(The Verge)は報じている。しかしながらGMCは、2022年内に数千台を納車できるよう生産のペースを上げる予定だと述べている

2022年6月、GMCは部品コストの上昇を理由に、ハマーEVの価格を6250ドル(約85万円)値上げしている

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み