無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロシア政府高官「ロシアの海外資産を収奪するなら、アラスカを取り戻す」

ロシアはアラスカを取り戻す

アラスカでの訓練中、雪の中を進むアメリカの空挺部隊の兵士。

US Army/Maj. Jason Welch

  • ロシアのヴャチェスラフ・ヴォロージン国家院議長が、ロシアはアラスカをアメリカから取り戻すことを考えていると発言した。
  • 「アメリカは領土の一部にロシア、つまりアラスカがあることを忘れてはならない」と彼は述べた。
  • アメリカは1868年にアラスカをロシア政府から720万ドルで購入した。

ロシア政府高官が、ロシアの資産凍結をめぐって、アラスカがかつてロシアの領土だったことを忘れないようにと述べた。

複数のメディアの情報によると「アメリカはアラスカというロシアの領土があることを常に忘れないように」とプーチン大統領の支持者であるロシアのヴャチェスラフ・ヴォロージン(Vyacheslav Volodin)国家院議長が述べた。

AP通信とロシア公共放送のRBCニュースによると、彼は「我々の海外の資産を収奪しようとするならば、我々にも取り戻すものがあることを知っておくべきだ」とつけ加えたという。

RBCニュースによると、ヴォロージン議員はピョートル・トルストイ(Pyotr Tolstoy)国家院副議長によるこの問題についてのアラスカでの住民投票の提案にも言及したという。

アメリカはアラスカの土地を、1867年にロシア政府から購入した。当時アメリカは、アラスカの購入代金としての720万ドルの小切手と領土割譲を確認する条約に署名した。

アラスカでは現在、毎年10月18日を「アラスカ・デー」として、ロシアからアメリカに移った日を祝っている。アラスカがアメリカの49番目の州になったのは、1959年だ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み