無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASA、月面用の小型原子炉を開発中…火星探査への応用も視野に

月面における原子炉のコンセプトデザイン。

月面に設置する原子炉のコンセプトデザイン。

NASA

  • アメリカ航空宇宙局は、月面に原子炉を設置する計画を進めている。
  • この小型原子炉は、将来人類が月に居住することになった場合のエネルギー供給源となる。
  • これがうまくいけば、火星でも原子炉が使われることになるだろうと専門家はInsiderに語っている。

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、月面で発電を行うための原子炉の設計をパートナー企業に委託した。恒久的な月面基地が原子力発電によって支えられる未来が一歩近づいたようだ。

NASAは、2025年までに人類を再び月に送り込み、月面で居住するための基地を築くことを目指している。そして、その基地を火星への足がかりにしたいと考えている。

月を開拓するには、日々の生活に必要なインフラを整備しなくてはならない。それには掘削、加熱、冷却、探査車の充電といった活動のための安定したエネルギー源の確保も含まれる。そして、原子力が最良のエネルギー源だとNASAは述べている。

「(月面での原子力発電開発は)火星でも適用可能な技術を開発し、経験を得るための足掛かりになるだろう」と、NASAのグレン研究センターが主導する「Fission Surface Power(核分裂表面発電)」プロジェクトのマネージャーを務めるトッド・トーフィル(Todd Tofil)は述べている。

原子炉のプロトタイプ。コア、エンジン、ラジエーターという3つの基本要素で構成されている。

原子炉のプロトタイプ。コア、エンジン、ラジエーターという3つの基本要素で構成されている。

NASA

新たな原子炉「KRUSTY」

月に原子力発電を導入するための最大の課題は、いかにして原子炉をロケットに積み込むかということだとトーフィルは言う。

NASAは過去15年間、ロケットに搭載できるサイズの原子炉の開発に取り組んできた。そして「KRUSTY(Kilopower Reactor Using Stirling Technology)」と名付けた斬新な原子炉の開発に至った。

以下の動画で説明されているように、この原子炉は約1〜10キロワットの電力を少なくとも10年間継続的に発生させるという。地球上の原子力発電所よりはるかに小さいが、数世帯の一般家庭が必要な電力であれば、十分にまかなえるものだ。

この原子炉は、ペーパータオルひと巻分ほどの小さな高濃縮ウランを重金属のケースに収めたものをベースとしている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み