無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「若い人がいい」アメリカ、民主党支持者の64%はバイデン大統領に2024年の大統領選に立候補してほしくない

バイデン大統領

アメリカのバイデン大統領(2022年7月8日、バージニア州ラングレー)。

Susan Walsh/AP

  • アメリカでは、民主党支持者の3分の2近くがバイデン大統領に2024年の大統領選には立候補してほしくないと考えていることがニューヨーク・タイムズとシエナ大学の最新調査で分かった。
  • バイデン大統領の支持率は33%で、国が正しい方向へ進んでいると考えている人はわずか13%だった。
  • 新しい候補を求める主な理由として、民主党支持者はバイデン大統領の年齢や仕事ぶりを挙げた。

アメリカでは、民主党支持者の3分の2近くが2024年の大統領選ではバイデン大統領に民主党の指名候補になってほしくないと考えていることがニューヨーク・タイムズとシエナ大学の最新調査で分かった。

7月5日から7日にかけて849人の登録有権者を対象に行われたこの調査では、民主党支持者の64%が2024年の大統領選では新しいリーダーが必要だと考えていて、バイデン大統領の続投を望む民主党支持者は26%だった。

別の指名候補を求める声は若い有権者の間で特に強く、30歳以下の有権者では94%がバイデン大統領には次の大統領選で民主党の指名候補になってほしくないと答えた。

2024年の大統領選では別の指名候補が必要だと答えた民主党支持者のうち、33%はバイデン大統領の年齢をその理由に挙げた。バイデン大統領は現在79歳で、再選を果たした場合、2期目が始まる時には82歳になるため、その年齢と職務への適性に対する懸念はますます高まっている

他にも、別の指名候補が必要だと答えた民主党支持者のうち、32%はバイデン大統領の仕事ぶりをその理由に挙げていて、10%はバイデン大統領があまり進歩的ではないと答えた。

「はっきり言うと、若い人がいいんです」とミシガン州に住む幼稚園の教師でシングルマザーのニコル・ファリアさんはニューヨーク・タイムズに語った。

「高齢者ばかりが国を運営している状況にうんざりしています」

バイデン大統領の支持率は全体では33%で、2020年の大統領選でバイデン氏に勝利をもたらした黒人の有権者の支持率は62%と他のどの集団よりも高かった。ただ、黒人の有権者の間でも、バイデン大統領の続投より新しい候補を求める人の方が多かった。

そして、大学の学位を持たない白人の有権者 —— 2020年の大統領選でバイデン氏が支持を集めようと重点的に取り組んだ層 —— の支持率は20%だった。

民主党支持者がバイデン大統領をあまり支持せず、新しい指名候補を求める背景には、経済への不満があるようだ。今回の調査では、有権者の4分の3以上が経済は「非常に重要」だと答えている。アメリカの重要課題として、有権者の20%は「仕事、経済」を、15%は「インフレ」を挙げた。

18~64歳の現役世代の有権者では、93%が今の経済状況を「悪い」または「どちらともいえない」と答えていて、「良い」または「素晴らしい」と答えたのはわずか6%だった。

そして、国が正しい方向へ進んでいると考えているアメリカ人は13%しかいなかった。これはニューヨーク・タイムズが実施した調査の結果としては、2008~2009年の世界金融危機以来、最も低かった。

バイデン大統領にとって明るい材料は、2024年の大統領選が再び"バイデン対トランプ"になった場合、44%対41%でバイデン大統領が3ポイント、トランプ前大統領をリードしていることだ。そして、2年後の大統領選で"バイデン対トランプ"が実現すれば、民主党支持者の92%はバイデン大統領に入れると答えている。

[原文:64% of Democrats don't want Biden to run for a 2nd term in 2024, NYT poll shows

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み