無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「育成で苦労するより採用で苦労せよ」。アマゾンの人事戦略に学ぶ、日本企業の最大の問題点【入山章栄・音声付】

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても平易に読み通せます。

人事に力を入れている世界のトップ企業は何をしているのでしょうか。アマゾン、スターバックス、マクドナルドの事例から、日本企業に欠けている人事と経営戦略の関係性について見ていきましょう。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:17分12秒)※クリックすると音声が流れます


アマゾンの人事はどこがすごいのか?

こんにちは、入山章栄です。今回はライターの長山さんが持ってきてくれたお題について考えてみましょう。


ライター・長山

ライター・長山

先日、私はアマゾンジャパンの立ち上げのときから働いていた方による、アマゾンの人事について紹介した本(『Amazonのすごい人事戦略』)のライティングを担当したのですが、取材で聞いた話がすごく面白かったんです。

はじめのうちはベンチャー企業だったアマゾンが、人事にものすごく力を入れて、ユニークな制度を整えるまでの話を聞いていたら、つくづく日本の人事は遅れていると思わざるを得ませんでした。入山先生は日本の人事について、どこが課題だと思われますか?


なるほど。僕もそのあたりはすごく興味があります。具体的にはアマゾンの人事は、どういうところがすごいんですか?


ライター・長山

ライター・長山

まずアマゾンにはOLP(Our Leadership Principles)という14項目からなる企業理念があります。日本の企業理念は言葉だけで空疎なことが多いですが、アマゾンではOLPに沿って人材を採用し、人事評価を下し、経営戦略を実行するようになっている。

どんなに優秀でもOLPと合わない人は採用しないし、どんなに売り上げを上げたとしても、それがOLPに反していたら評価されない。これを全世界で徹底しているのがすごいですよね。

ほかにも「採用責任者は直属の上司」とか、「採用率が1~3%」とか、「採用で苦労するべきだ」とか……。


採用で苦労すべき、というのは?


ライター・長山

ライター・長山

つまり、合わない人を採ってしまって、あとから教育に苦労するよりも、最初から合った人を採れという方針らしいです。


なるほど。アマゾンをはじめ、グーグルなど世界トップクラスのテック企業は、人事にめちゃめちゃ力を入れているんですよね。彼らの競争力が高いのは、「戦略が優れているからだ」とか「製品が素晴らしいからだ」と思いがちですよね。もちろんそれもそうなのですが、僕から見るとこういったトップクラスのテック企業が強い理由の一つは、まさに「人事に戦略があるから」だと理解しています。

結局、会社というのは人と組織でできている。建物でいえば基礎工事のようなものです。そこがしっかりしているから、競争力が高いんです。

一方、日本の多くの会社は基礎工事をしていない。人事や組織開発に力を入れていません。それで「いい人材がいないんですよ」と他人事のようにぼやいている。ですから、この点についてはまずはトップが意識改革をする必要がありますし、人事のセクションももっと戦略的に構える必要があるでしょう。

テック企業が人事や企業文化の育成に熱心なのは、世界的には人材の流動化が進んでいるからでもあります。例えばアマゾンの採用率は1~3%と、入社するのも大変ですが、逆にいうとアマゾンに入れるくらいの人材であれば、他社から声がかかることも多い。

それにアメリカや最近のヨーロッパ、アジアは良くも悪くも雇用が流動化しているので、報酬も大事だけれど、「この組織は自分に合っている」と思える企業文化がないとみんなすぐに辞めてしまうんです。だからこそ魅力ある企業文化や働く環境づくりに力を入れている。

逆に日本の、特に大企業の多くはいまだに終身雇用が前提です。「まさか当社を辞める人なんていないでしょう」と思っている。だから「社員に気持ちよく働いてもらうにはどうすればいいか」という発想になりにくい。

しかし今後は日本でも雇用の流動化が間違いなく進みます。このあたりの課題は、近いうちに浮き彫りになってくるでしょう。

ソラコムの「リーダーシップステートメント」

ところでこの連載の第111回でも紹介しましたが、僕が取締役を務めているソラコムという会社があります。日本のIoTプラットフォームのトップ企業ですが、いまグローバルプラットフォームを目指してアメリカでも人を採用しています。

いまのシリコンバレーでは人を採用するのが難しく、途轍もない金額を払わないといい人材が採れないのですが、ソラコムはアメリカでネームバリューがまだ低いわりには、いい人材が採れているし、離職率も低いんです。それはなぜか。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み