無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ほとんどのアメリカ人の尿から除草剤の成分を検出…CDCの調査で。発がん性などについてはさらなる研究が必要

ブリュッセル近郊の園芸店に陳列された除草剤ラウンドアップ。

ブリュッセル近郊の園芸店に陳列された除草剤ラウンドアップ。

Reuters

  • 広く利用されている除草剤成分が、多くのアメリカ人の尿から検出された。
  • アメリカ疾病対策予防センターの調査によると、2310人の尿サンプルの80%以上から、「ラウンドアップ」の有効成分であるグリホサートが検出されたという。
  • グリホサートは特定のがんのリスク上昇に関連している可能性があるが、さらなる調査が必要だ。

化学物質は害虫の駆除、雑草や菌類の防除、農作物の収穫量の最大化など、さまざまな目的で使用されている。人が口にする食品にそれらが含まれていても驚くようなことではない。

グリホサートという除草剤の有効成分も、そのひとつだ。それがアメリカの人口構成を代表する調査参加者の80%以上の尿から検出された。この調査はアメリカ疾病対策予防センター(CDC)が、2013年と2014年の国民健康・栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey)で収集した2310人のデータ(そのうちほぼ3分の1は6歳から18歳の子ども)を分析したもので、その結果が2022年6月に発表された

公衆衛生監視団体US Right To Knowによると、アメリカの農家は、ラウンドアップという商品名で市販されている除草剤の有効成分グリホサートを、毎年9万トン以上畑に散布しているという。特にトウモロコシや大豆などの遺伝子組み換え作物に広く使用されている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み