無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォルマートはなぜ「現金枯渇、破滅寸前」カヌーに配送用EV「最大1万台」大量注文を決断したのか。納得…

Canoo EV

電気自動車(EV)スタートアップのカヌー(Canoo)が小売り大手ウォルマート(Walmart)からの大量予約受注に成功した。関係者はさまざまな意味で衝撃を受けているようだ。

Canoo

2020年12月末に特定買収目的会社(SPAC)との合併を通じて上場した米電気自動車(EV)メーカーのカヌー(Canoo)は7月12日、米小売り大手ウォルマート(Walmart)と、商用EV「ライフスタイル・デリバリー・ビークル(LDV)」4500台(最大1万台のオプション付き)の大型売買契約で最終合意に至ったと発表した。

カヌーの株価は2021年11月末以降、下落基調が続いていたが、今回の契約合意発表を受け一時107%の急上昇を記録した。

同社は2021年11月中旬、本社所在地をそれまでのカリフォルニア州トーランスからウォルマートが本拠を置くアーカンソー州ベントンビルに移すと発表。それから1年も経たないうちに今回の最終合意発表にたどり着いた。

本社移転発表時はウォルマートとの提携も取り沙汰されたが、ミシガン州やテネシー州、ケンタッキー州のように自動車サプライチェーンのハブとして知られるエリアと違って、アーカンソー州はそうしたバックグラウンドを欠くことから、一部の関係者は(ウォルマートとの提携なしの本社移転を)驚きをもって受けとめた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular