無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクがTwitterに大量のデータを要求したのは競合アプリを作るため?買収撤回で湧く「深い懸念」

イーロン・マスク

Twitterの買収を仕掛けたイーロン・マスク。

Maja Hitij/Getty Images

Twitterはここ数カ月間に大量のユーザーデータをイーロン・マスクに渡したが、マスクがそれを自らの目的のために使うのではと懸念するようになったという。

440億ドル(約6兆円、1ドル=137円換算)でTwitterを買収するという取引から手を引こうとしているマスクに対し、Twitterは2022年7月12日に訴訟を起こした。

それによると、億万長者のマスクは自らが「Twitterの取締役になる、買収する、または競合他社を作る」という3択しかなかったと、早い段階でTwitterの幹部たちに明かしたという。マスクが買収を優先させ、自分は同社の役員にならないことを決め、のちに「もっともらしい」理由で買収から手を引き始めたように見えたことで、Twitter側が懸念するようになったという。

「マスクの第3の選択肢、Twitterの競合他社を作るという選択肢は残っている」と同社の弁護士は訴状に記している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular