無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


将棋AI「Ponanza」開発者・山本氏の自動運転スタートアップが10億円を資金調達

開発中の風景

出典:TURING

完全自動運転車の開発・製造を目指すスタートアップ企業TURING(チューリング、千葉県柏市)が、シードラウンドでの総額10億円の資金調達を7月13日、発表した。

TURINGは将棋AI「Ponanza」の開発者として知られる山本一成氏と、米カーネギーメロン大学で自動運転開発に従事し、博士号を持つ青木俊介氏が共同創業したスタートアップ。2021年8月に設立された。

創業から1年経たずの、比較的大きな規模の資金調達となる。

発表資料によると、出資企業はANRI、グローバル・ブレイン、DIMENSION、HEROZ。HEROZは、山本氏が初期メンバーとして関わったAIカンパニーで、山本氏と関係が深い。

co_founder

TURING代表取締役CEOの山本 一成氏(左)、取締役CTOの青木 俊介氏。

出典:TURING

TURINGは、カメラを中心とした物体認識技術の開発に取り組んでおり、現在、既存の市販車をベースに解析と技術実装する手法で、車両の開発を進めている。

日本経済新聞の報道によると、2023年をめどに、レベル2にあたる運転補助機能を持つガソリン車の完成を目指している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み