無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ボストンの空港で行方不明になったネコ、19日間の逃亡の末に発見される

The cat, called Rowdy, went missing at Boston Logan airport after flying in on a Lufthansa flight

ロウディと呼ばれるこの猫は、ドイツからルフトハンザドイツ航空で運ばれた後、ボストン・ローガン空港で行方不明になった。

Courtesy of Massport via AP

  • ボストンのローガン国際空港で19日間行方不明になっていたネコが、2022年7月13日に発見された。
  • 航空業界ニュースサイトのSimple Flyingによると、ルフトハンザドイツ航空は黒ネコのロウディの捜索を支援するために専門のペットトラッカーを雇った。
  • ロウディはルフトハンザ便から降ろされた後、鳥を追いかけて行方不明になったという。

ボストンのローガン国際空港で逃げ出したペットのネコが、専門のペットトラッカー(ペットを追跡する業者)やカメラの映像を駆使して捜索した結果、19日間の逃亡生活の末に発見された。

ローガン国際空港は2022年7月13日、ロウディ(Rowdy)という名の行方不明のネコが見つかり、地元の動物保護サービスに引き渡して家族との再会を待っているところだとツイートした

AP通信や複数のマスコミによると、この4歳の黒ネコはルフトハンザドイツ航空の機体から降ろされた時に鳥を追って脱走し、2022年6月24日から行方不明になっていたという。NBCの番組「10ボストン(10 Boston)」によると、このメスの黒ネコはペットキャリーに入れられ、貨物として運ばれていたという。

AP通信によると、ロウディは飼い主のサーリ夫妻と一緒にドイツのフランクフルトからアメリカへの移動していた。アメリカ軍に所属する夫のリッチのドイツでの15年間の勤務の後、夫妻でアメリカに帰国するところだった。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み