無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


10億光年の彼方からくる謎の「鼓動」…新しいタイプの高速電波バーストを発見

2019年12月21日、通常とは異なる継続的な電波信号が発見され、「FRB 20191221A」と名付けられた。

2019年12月21日、通常とは異なる継続的な電波信号が発見され、「FRB 20191221A」と名付けられた。

CHIME/MIT News

  • 継続時間が平均的なバーストの1000倍で、心臓の鼓動のように反復する高速電波バースト(FRB)が発見された。
  • 研究者たちはこのバーストを研究し、その起源を明らかにしようとしている。
  • 2007年に初めて確認されて以来、何百ものFRBが検出されている。

地球からおよそ10億光年離れた銀河から、通常とは異なる継続的な電波信号が検出された。謎に包まれたこの信号の起源を解明することで、宇宙のはるか彼方について知る手がかりが得られるかもしれない。

高速電波バースト(Fast radio bursts:FRB)とは、地球の数百万光年から数十億光年の彼方から、短時間で放出される激しい電波のフラッシュのことだ。FRBが初めて確認されたのは2007年で、そのFRBは発見者の名前にちなんで「ロリマー・バースト」とも呼ばれている。それ以来、何百ものFRBが検出されているが、その正確な天体物理学的起源は謎のままとなっている。

FRBは通常、継続時間が数ミリ秒という現象だ。しかし新たに検出され「FRB 20191221A」と名付けられた信号は約3秒間継続した。これは平均の約1000倍の長さだと2022年7月13日付けで学術誌「Nature」に掲載された研究論文に記されている。

2019年12月21日、「CHIME(カナダ水素強度マッピング実験:Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment)」と呼ばれる電波望遠鏡から得たデータを観測していた天文学者は、ある信号に注目した。

「その信号を目測すると、複数のパルスで形成されていることに気が付いた。若干心電図のようにも見えた」とCHIMEからのデータを観測したマサチューセッツ工科大学(MIT)の博士研究員で論文の共同執筆者であるダニエレ・ミチリ(Daniele Michilli)はInsiderに語っている。

さらに分析を進めると、信号は0.2秒ごとに反復しており、心臓の鼓動のように明らかに周期的なパターンを含むことが分かった。「宇宙にはそのような信号の発生源となるものはあまりないので、我々は非常に驚いた」とミチリは言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み