無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


苦境のネットフリックス、決算発表直前「会員減少は200万人?280万人予測も」アナリスト議論沸騰

prime_netflix_200_mil_top

株価暴落で苦境が報じられるネットフリックス(Netflix)。注目の2022年第2四半期(4〜6月)決算発表を前に専門家による議論が盛り上がっている。

REUTERS/Dado Ruvic

ポイントになる数字は「200万人」、すべてはそれ次第だ。

米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)は4月19日、2022年第2四半期(4〜6月)に200万人の会員減を見込むと発表。翌日、株価は前日比35%の急落を記録し、その後も下落が止まらず、2021年秋につけた史上最高値との比較で73%下落(7月18日終値時点)と苦境が続く。

同社の株価暴落は他のメディア銘柄にも波及、エンターテインメントセクター全体の経営を圧迫している。かつて向かうところ敵なしとされたニューハリウッドの映画会社は不確実性の時代に突入したと言っていいだろう。

ネットフリックスは最近の業績不振に伴い数百人規模でレイオフ(一時解雇)を実施。それと前後して複数の著名経営幹部が同社を去り、一部は競合するアマゾンや英BBCに移っていった。

また、経営戦略と支出計画の見直しも行われ、業界関係者、クリエイティブ関係者らを唖然とさせた。

そうした動きを目にしたハリウッドもウォール街も、ネットフリックスの絶頂とも言える、過去5年間にわたって2ケタ台の勢いで会員数を伸ばし続けた栄光の日々は、すでに終えんを迎えたとの見方で一致している。

ネットフリックスはこれからどこへ向かうのか。

新たな収益源として期待できるのは、同社がかつては否定してきた広告付き低価格プランの提供開始だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular