無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界陸上開催中、オレゴン大学が所有する最先端スタジアムを見てみよう

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

via Uoregon.edu

  • 「世界陸上2022オレゴン」が、オレゴン大学のヘイワード・フィールドで行われている。
  • ナイキと同大学は2018年から2億7000万ドルをかけてスタジアムの改修工事を行った。
  • 改修プロジェクトは、ナイキの共同創業者フィル・ナイトによる寄付でまかなわれた。
  • 新しい施設には、地下博物館、10階建てのタワーなど、最先端の設備が備えられている。
  • 目玉となるのは、オレゴン大学の入学誘致を助ける、さまざまな施設付きの地下のトレーニング施設とロッカールームだ。
  • オレゴン大学は、改修に際しホフマン・コンストラクション社、SRGパートナーシップ社と契約を結んだ。

ヘイワード・フィールド(Hayward Field)は、牛の牧草地をフットボール場に変えて1919年にオープンした。それから長年にわたり、NCAAカレッジフットボールなどの試合が行われてきた

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

Michael Heiman/Getty Images


今回の改修工事は2018年夏に始まった。2年後には完成したが、COVID-19のパンデミックのため、ファンは新しいスタジアムでの観戦はできなかった

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

via Uoregon.edu


改修工事では、座席数を1万500席から1万2650席に増加させ、拡張可能な座席を入れれば最大収容人数は2万5000人になった

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

via Uoregon.edu


またトラックは8レーンから9レーンに増やされた

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

Sam Barnes/Sportsfile via Getty Images


今回の改修工事の主な目的は、会場全体の見通しを良くして音響を改善し、観客に劇場のような体験をもたらすことだ

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

Hannah Peters/Getty Images for World Athletics


10階建てのタワーは、オリンピックの聖火のトーチをモチーフにしている。ここには、解説付きの展示物が並ぶロビーのほか、最上階には展望デッキなどがある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

CHINASPORTS/VCG via Getty Images


タワーは聖火と同じようにライトアップでき、2021年にはオレゴン州で全米男子室内トラック選手権が開催されたことを祝して点灯された


スタジアムの屋根は、地元オレゴン州の森林から伐採した材木による梁で支えている。州のアイデンティティである木が今回の改修のメインテーマだ

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

CHINASPORTS/VCG via Getty Images


だがアスリートにとっての新しいヘイワード・フィールドの目玉は屋内施設だ

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

Uoregon.edu


屋内エリアは、オレゴン大学陸上チームにとって入学誘致の大きな武器になるだろう

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


天候を気にせずトレーニングできる施設が数多くある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


ゲームなどが置かれたラウンジもある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


オレゴン大学ブランドのバスケットボールゲームもある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


ロッカーは豪華で、太平洋岸北西部ではよくある白樺の木をモチーフにしているようだ

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


美容室もある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

via Uoregon.edu


こちらは、「Razor Bill's」という名前の美容室だ。

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


リカバリー用の浴槽もある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


もちろん、最新のナイキのシューズも飾られている

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


これらはアイソレーションポッドのようだ

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


会議室は快適そうに見える

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

OregonTF


オレゴン大学人間生理学部がスタジアムの練習場近くに移転するため、この新しいスタジアムはオレゴン大学の授業でも活用される。北西部分の角には、新しいオフィス、会議室、研究室などがある

「世界陸上2022オレゴン」の会場となったオレゴン大学のヘイワード・フィールド

via Uoregon.edu


オレゴン大学は新しいロッカールームで陸上競技の用具をスペクタクルに変身させた


[原文:Take a tour of the $270 million state-of-the-art Nike track stadium hosting the World Athletics Championships

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)


注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み