無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン、プライベートブランド事業を縮小か?…理由は売上の減少と規制圧力

An Amazon Basics-branded battery.

アマゾンのプライベートブランド、Amazonベーシックの乾電池。

Smith Collection/Gado/Getty Images

  • 2009年以降、アマゾンは「Amazonベーシック」などのプライベートブランド事業を巨大化させてきた。
  • ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アマゾンはプライベートブランド事業をまもなく終わらせる可能性があるという。
  • 記事によると、アマゾンは規制の圧力と売上高の減少に直面している。

アマゾン(Amazon)は、Amazonベーシックのようなプライベートブランド事業を縮小し、商品数とカテゴリーを絞り込むと報じられている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記事によると、アマゾンはプライベートブランド商品の取り扱いから完全に撤退することも検討しているという。

アマゾンはWSJの記事に対して反論している。

アマゾンの広報担当者はInsiderの取材に対し、「プライベートブランド事業の終了を検討したことはなく、多くの競合他社が何十年も行ってきたように、現在もこの分野への投資を続けている」と声明を発表した。

アマゾンの戦略的転換の報道は、ウォルマート(Walmart)やターゲット(Target)など他の大手小売企業のプライベートブランド事業が盛んになってきた時期にもたらされた。インフレが高騰する中、買い物客は節約するためにより安価な「自社ブランド」に集まっている。しかし、ここ数年急速な拡大を続けてきたアマゾンはプライベートブランドの一部が売上を減らしていることに気付いたと報じられている。また同社にとってプライベートブランドは、法律上でもやっかいな頭痛の種になっているという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み