無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


旅をしながらリモートで働き続ける人が急増中。デジタルノマドとして成功するための4つのポイント

デジタルノマド

安定収入を得つつ好きな旅を楽しむために、デジタルノマドに関心を持つ人が増えている。

MStudioImages/Getty Images

ガウリ・ジャスワル(Gauri Jaswal)は、コロナのパンデミックが世界を襲い、学校がオンライン授業に移行させられた時、ロンドンで勉強していた。

彼女の出身であるインドへの入国規制が厳しくなり、ジャスワルと彼女のアメリカ人パートナーは、ヨーロッパに留まることにした。最初にトルコに移動し、その後ヨーロッパ全土を旅行した。この経験の後、ジャスワルは学校や仕事のために、一つの場所に留まるような生活はやめようと心に誓ったのだ。

2021年12月に学校を卒業すると、ジャスワルはデジタルノマドになった。デジタルノマドとは、旅をしながらリモートで働く人たちのことだ。マネジメント・ソリューションのプラットフォームであるMBOパートナーズの調査によると、デジタルノマドだと自称するアメリカ人は2019年から2020年にかけて49%増加し、2021年にはデジタルノマド生活を送るアメリカ人は1550万人にのぼると推計される。パンデミックはデジタルノマドのライフスタイルにとって重要な分岐点となった。

ポルトガル、コスタリカ、台湾など40カ国以上の国がデジタルノマド・ビザを発行したことにより、デジタルノマドと呼ばれる人々が急増した。また、アメリカで生活費が高騰している影響もあり、どこにいても仕事ができる社会人たちは、自分の給与に見合う、より物価の安い場所を求めるようになっているのかもしれない。

Insiderは、デジタルノマドを実践している人やリロケーションアドバイザーたちに話を聞き、どうしたらフルタイムで、かつ柔軟性のあるリモートワークを手に入れられるか、どのようにデジタルノマドの生活を送ればよいかを尋ねた。

1. 興味があるなら飛び込め

もしデジタルに根差したライフスタイルに興味があるなら、デジタルノマドはあなたに合っているかもしれないと、リロケーションコンサルタント歴11年で自身もデジタルノマドであるクリスティン・ウィルソン(Kristin Wilson)は言う。

ノマド的ライフスタイルを可能にしたのは、技術の進歩とデジタルノマド・ビザの登場だ。

リンゼイ・ミラーボス(Lindsey Miller-Vos)は、母親、娘、ペット2匹とともにエアビーアンドビー(Airbnb、以下エアビー)の「Live Anywhere Program(どこにでも住もうプログラム)」に参加した。このプログラムは、もっと快適にエアビーの宿での長期滞在をより快適にするためのアドバイスやインプットをすることで1年間の滞在費に補助が出るというものだ。プログラムに参加したのはミラーボス一家を含め12家族だ。

「私たちのようなクレイジーな家庭でもこの生活を続けられるなら、どこの家庭でもできると思いますよ」とミラーボスは言う。彼女の娘のアンナはこのプログラム中の旅の様子をブログに記録し続けている。

2. 所得を確保する

近く出版される本『Digital Nomads for Dummies(未訳:超初心者向けデジタルノマド入門)』の著者でもある前出のウィルソンは、デジタルノマドになりたいなら、どこを旅したいか夢見る前に、どうしたら旅をしながら生計を立てられるかを考えるべきだとアドバイスする。

人によっては、どこで働いてもいいと勤務先から許可を取り付ける必要があるかもしれないし、業種業界を変えたりフリーランスやオンラインで開業することになるかもしれない、と彼女は言う。

あわせて読みたい

Popular