無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


景気後退が迫ると起業する人が増える…全米自営業者協会への新規加入は過去最高に

When a recession hits, it's more likely you'll start your own businesses — even if you didn't plan to

dragana991/Getty Images

  • 約1700万人のアメリカ人が自営業者で、労働人口に占める割合は2008年以降で最も高くなっている。
  • NASE(全米自営業者協会)のキース・ホールによると、自営業は「反循環的」な面があり、不況時に多くの人が自営業を選択するという。
  • もし、再び不況が訪れれば、さらに多くのアメリカ人が自営業を始める可能性がある。

多くの人が推測しているように景気後退が再びやってきたら、アメリカの自営業者の数は増加することが予想される。

そう話すのは、自営業者や中小企業のための非営利団体、全米自営業者協会(National Association for the Self-Employed:NASE)の会長兼CEOであるキース・ホール(Keith Hall)だ。1981年に設立されたNASEは、教育ツール、法的支援、アドボカシー、各種割引などのさまざまなリソースを同協会のメンバーに提供している。

ホールは、自営業の成長は 「反循環的」 な傾向があると言う。景気が低迷して失業したとき、「家族を養う方法を見つけなければならない」ため、多くの人が自営業に目を向ける。例えば、解雇された配管工が困っている近所の住民のため、トイレの修理を始めたように、「自営業者になるつもりはなかった」のに、気がついたらなっていた人もいるという。

「自営業者が強い回復を見せているのは、失業した労働者の一部が自営業に転じることが観察された過去の不況の傾向と一致する」とピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の上級研究員のラケシュ・コッチャー(Rakesh Kochhar)は以前Insiderに語っている

この傾向はパンデミック不況の際に現れた

ブルームバーグの計算によると、2022年6月時点でアメリカ人の自営業者はおよそ1680万人で労働人口の10%以上を占め、2008年以降で最も高い割合を示している。自営業者の数は2020年には1270万人にまで減少したが、わずか1年後に新型コロナウイルス流行前の水準、自営業者以外の労働者よりも強い回復を示している。

専門家は、自営業が景気循環に逆行する性質を持っていることに加え、この回復の理由をいくつか指摘している。パンデミックの最中に子育ての負担が増したことで、一部の親は労働力から離れたが、自営業が彼らに必要な柔軟性を与えたのだ。

労働者の力が増大したことや「大退職」の話題に勇気づけられ、自分のキャリアを評価し、場合によっては自分がボスになりたいと考えるようになったアメリカ人もいる。特に、インフレ調整後の収入が過去40年間で最速のペースで減少していることを考えると、自営業者となるのは経済的に出世するための最善策だと考えた人もいるだろう。

そして「夢追い人」と呼ばれる人たちは、自暴自棄になったわけではなく、解雇されたことをきっかけに今まで持っていたアイデアを追求することになったのだ。

「その人たちはこんなことを言う。『知ってる? 私は画家になりたいとずっと思っていたんだ』『私が作ったロッキングチェアを売ってみたいといつも考えていたんだ』」とホールは話す。

「今がチャンスだ。なぜならその機会があるのだから」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み