無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


欧州中央銀行、11年ぶりの利上げ…インフレ抑制へマイナス金利から脱却

クリスティーヌ・ラガルド総裁

欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁。

Pool/Getty Images

  • 欧州中央銀行(ECB)は、2011年以来初めて金利を引き上げた。
  • エネルギー不足で経済が減速しているにもかかわらず、ECBは、高騰するインフレを抑えようとしている。
  • ECBへの圧力に加え、イタリアでは首相が辞任し、再び政治的混乱に陥っている。

欧州中央銀行(ECB)は2022年7月21日、11年ぶりに金利を引き上げた。脆弱化するユーロ圏の経済を頓挫させることなく、インフレを抑えるという厄介な仕事を始めるためだ。

ECB理事会は0.5%引き上げを決め、6月の会合で示唆した0.25%を上回った。この結果、銀行がECBに預ける際の金利(中銀預金金利)は、過去最低の-0.5%から0%になった。

ECBは危うい経済・政治環境と闘っている。ユーロ圏(ユーロを通貨とする19カ国)のインフレ率は6月に過去最高の8.6%になった。ロシアがヨーロッパへの天然ガス輸出を制限し、エネルギー価格が高騰しているため、経済も急速に弱体化している。ゴールドマン・サックスは、ドイツとイタリアがまもなく景気後退に転じると予想している。

ECBへの圧力に加え、イタリアのマリオ・ドラギ(Mario Draghi)首相がECBが利上げを発表する数時間前に辞任し、イタリアは再び政治的混乱に陥った。

イタリア政府は国内総生産(GDP)の約150%に相当する巨額の債務を抱えている。借入コストが制御不能になるのを防ぐことは、ECBにとって重要な課題だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み