無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


佐藤優さんが「死ぬまで手放さない一冊」。逮捕・512日間の拘置所生活の支えに

自宅でインタビューに応じる佐藤優さん

撮影:竹井俊晴

周囲の意見に惑わされず、自分が信じる道をいく人たち。しかし、迷いなく見えるその人にも、人生やキャリアに悩んだ瞬間はきっとあるはずだ。そんな時、道しるべになった本とは何なのか。

新連載「あの人が死ぬまで手放さない一冊」では、当時を振り返ってもらいながら、その本から影響を受けたポイントや考え方の変化、読みどころなどを紹介する。

第1回は、元外務省主任分析官・作家の佐藤優さんが登場。2002年、当時衆議院議員だった鈴木宗男氏がロシア外交をめぐる汚職疑惑で逮捕された事件に関連して、佐藤さんは背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、512日間に及ぶ拘置所生活を送った。

「あの時、私に『鈴木と決別すれば生き残れる』とそそのかす人はたくさんいました。でも、私はそれをしなかった。そこには、『あの本』の影響が大きくあったと思います」

佐藤さんはそう言うと、過去を振り返り始めた。それほどの影響を受けた一冊とは、一体何なのか——。

大学時代、教授の薦めで手に

自宅の蔵書の中に佇む佐藤優さん

まるで図書館のような自宅書庫を前に佇む佐藤優さん。数ある蔵書の中から、「死ぬまで手放さない一冊」を選んでもらった。

撮影:竹井俊晴

「あの本と出合ったのは、(同志社大学)神学部2回生の頃でした。当時さまざまな神学者の本を読んでいましたが、なかなかしっくりくるものがなかった。そんな時、神学館の図書室を訪れた際にすれ違った野本真也教授(旧約聖書神学者)からこう言われたのです。

『佐藤くん、ロマドカ(フロマートカ)を読んだことはありますか?』と」

そうして出合った運命の一冊が、チェコのプロテスタント神学者、ヨゼフ・ルクル・フロマートカ(1889-1969)の『J・L・フロマートカ自伝 なぜ私は生きているか』だった。

「この本を一言で表現するなら、『人生においてより困難な選択肢を取ること』を説いた一冊です」

J・L・フロマートカ自伝 なぜ私は生きているか 書影

『J・L・フロマートカ自伝 なぜ私は生きているか』

Amazon

佐藤さんのこの言葉の真意は、本書が自伝であるという性質上、フロマートカが置かれた時代について知ることなく理解することが難しい。佐藤さんは著書『獄中記』でこう紹介している。

“ヨゼフ・ルクル・フロマートカ(中略)は第一次世界大戦後のチェコスロバキア共和国建国に貢献し、マサリク大統領側近の知識人だった。ファシズム、ナチズムに対して徹底的に対抗し、第二次世界大戦中はアメリカに亡命し、(中略)戦後、社会主義化した祖国に帰国する。東西冷戦期には共産党に協力する「赤い神学者」とみなされたが、フロマートカと門下の神学者たちは(中略)「プラハの春」の土壌をつくったのである。”(『獄中記』岩波現代文庫、8ページ)

中央ヨーロッパに位置する現在のチェコとスロバキアは、20世紀初頭まではオーストリア=ハンガリー帝国に組み込まれていたが、民族意識の高まりと共に「チェコスロバキア共和国」として独立する道を選ぶ。

しかし、1938年から第二次大戦終結までは事実上ナチス・ドイツの支配下に置かれ、戦後はソ連によって「解放」されたことにより、共産主義国家へ移行。次第に独裁体制となった。「プラハの春」とは、そうした共産主義政権下で1960年代に起きた民主化運動のことを指す。

「プラハの春」に対しての軍事介入の写真を見る老婦人

「プラハの春」に対し、ソ連軍が軍事介入する様子を撮影した当時の写真。

Reuters/Petr David Josek

だが、これはソ連による軍事介入を招くことになり、その犠牲者は約400人に上るとされる。フロマートカが生きたのは、まさにこうした激動の時代であり、彼は神学者でありながら、大学や教会に閉じこもって一生を過ごすのではなく、政治や社会と対峙する道を選んだ。つまり、本書はフロマートカの信仰告白ではなく、闘争記としての色合いが強いのだ。

「政治にはある種の〈閾値(いきち)〉があるというのが、フロマートカの考え方だと思います。境界の外に出てしまえば、現実に影響を与えることはできない。信仰もまた、その内側にギリギリ留まって、現実を良くすることで意味を持つのです」

佐藤さんは卒業論文も修士論文もフロマートカをテーマとしており、実は同書は佐藤さんが外交官時代に翻訳した一冊でもある。その後、佐藤さんが神学者ではなく外交官の道を選んだのも、フロマートカが「われわれが活動するフィールドは、この世界である」と述べたことが影響しているかもしれないと同書の解説で書いている。

緊迫の対ロシア外交の現場へ

佐藤優さん

撮影:竹井俊晴

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み