無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォルマート、「空の配送戦争」でアマゾンに対抗。勝敗の鍵握るドローン・スタートアップ3社

ウォルマート

ウォルマートはラストマイル配送業務でドローン・スタートアップ3社と提携している。

Walmart

ウォルマート(Walmart)は配送計画を一段と拡充するため、ドローン技術に投資することで空の輸送手段の強化を図っている。

アーカンソー州ベントンビルに本社を置く巨大小売業者であるウォルマートは、2年足らずの間に3社のドローン・スタートアップと提携し、ラストマイル配送業務に注力してきた。

同社は、アリゾナ州からノースカロライナ州まで、全米にわたって試験プログラムを実施しており、より効率的かつ迅速な商品配送を目指している。

ウォルマートUSの社長兼CEO、ジョン・ファーナー(John Furner)は、2021年6月のブログ投稿で、「お客様が望む商品を迅速に届けるためには、道路、歩道、空をまたぐ、さまざまな配送手段を巧みに連携させるネットワークが必要」であり、「大規模なドローン配送の実現まであと一歩です」と書いている。

ドローン技術に投資する小売業者はウォルマートだけではない。ライバルのアマゾンは2022年6月のブログ投稿で、約10年前からドローンの自社開発に取り組んでおり、カリフォルニア州ロックフォードおよびテキサス州カレッジステーションで、近く配送サービス「プライム・エア(Prime Air)」を開始すると述べている。

一方、ウォルマートの広報担当者によると、同社はノースカロライナ州からアーカンソー州にかけて6カ所のドローン配送拠点を持っており、年内に拠点を30カ所以上に増やし、新たに5つの州でサービスの提供を開始する計画だという。

以降では、ウォルマートと提携関係にあるドローン・スタートアップ3社の特徴やそれぞれの強みについて詳しく説明する。

ドローンアップ(DroneUp)

ドローンアップ

ドローンアップはウォルマートの米国内におけるドローン配送パートナーとしては最大で、2022年末までに34カ所のドローン配送拠点を設置予定だ。

DroneUp

設立:2016年

資金調達額:730万ドル(約9億9300万円、1ドル=136円換算)

本社所在地:バージニア州バージニアビーチ

ドローンアップはウォルマートのドローン配送パートナーの中では後発。ウォルマートは2020年9月、家庭用の新型コロナ自己採取検査キットの非接触配送の試験運用をドローンアップと共同で実施することを発表した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular