無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「北欧、暮らしの道具店」運営のクラシコム、一度も増資せず上場へ。キャッシュリッチゆえに直面する今後の課題

会計とファイナンスで読むニュース

(出所)クラシコム「新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書」よりキャプチャ。Illustration: texturis/Getty Images

雑貨や衣類の販売を手がけるECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営する株式会社クラシコム(以下、クラシコム)。2006年9月に青木耕平氏と妹の佐藤友子氏の2人が資本金800万円で創業した同社が、2022年8月5日に東証グロース市場に上場します。

前編では、クラシコムはECなのに広告宣伝費をあまりかけていないこと、小売業としてはありえないほど高い利益率を誇っていること、それを可能にしているのは年間2000万人にリーチできる同社の強固な顧客基盤であることを見てきました。

続く本稿では、クラシコムのキャッシュフローや貸借対照表(B/S)から同社のファイナンス戦略の際立った特徴を解説し、同社が上場に踏み切った狙いはどこにあるのかを考えていきたいと思います。

何度見ても驚ける特異なファイナンス戦略

ではまず、クラシコムのキャッシュフロー(CF)の状況について確認していきましょう。同社の営業CF、投資CF、財務CFは図表1のとおりです。

クラシコムのキャッシュ推移

(出所)クラシコム「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より筆者作成。

営業CFで大きくキャッシュを増やし、投資CFはプラスであれマイナスであれ少額にとどめ、資金繰りのための借入や借入返済で財務CFが多少動く。これがクラシコムのCFの特徴です。

結果的にキャッシュは順調に積み上がり、直近の2021年7月期で20億円以上もあります。同じ期のクラシコムの総資産は24.8億円ですから、資産の実に80%以上がキャッシュという、あまりお目にかからないほどキャッシュリッチな状況です。

また、総資産に占める流動資産の割合は97%と、かなり流動性が高いことが分かります(図表2)。流動性が高いということはそれだけ換金性が高い資産を抱えていて、安全性が高いことを意味します。加えて、財務の安全性を測る指標である自己資本比率も70%超えと、非常に健全です(※1)。

クラシコムのB/S

(出所)クラシコム「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より筆者作成。

さらに驚きなのが、クラシコムの純資産の大きさです。

純資産が増えるためには、基本的には(1)増資をする、(2)利益を積み上げる、という2つの方法しかありません。クラシコムの純資産は直近で17.5億円ですが、その内訳を見ると、驚きの事実が分かります(図表3)。

図表3

(出所)クラシコム「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より筆者作成。

資本金800万円に対して、利益剰余金がなんと17.4億円もある。つまり、創業時に青木氏と佐藤氏らが出資した800万円以外は、増資していないのです。

ここはみなさんに何度でも驚いていただきたいポイントです。

企業が成長するには、キャッシュが必要です。スタートアップの創業期といえば、たいてい「営業CFと投資CFはマイナスで、財務CFでキャッシュをまかないながら成長する」というのが典型的な経過です。このときの資金の出し手は、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタル(VC)、事業会社などです。

ところがクラシコムは、創業時に主に創業メンバーで出資した800万円以外は増資をすることなくここまで成長してきたうえに、上場にまでこぎ着けたのです。

クラシコムはD2Cビジネスを展開しているため、自社製品であろうと他社製品であろうと仕入れが発生します。売上が増えれば増えるほど仕入れも多くなるので、資金が足りなければ資金調達する必要があります。

成長著しいスタートアップ企業はたいてい、「エクイティで資金を調達してプロダクト(サービス)をローンチし、広告宣伝費をガンガン使って成長していく」というビジネスモデルを採用するものです。本連載で以前取り上げたメルカリSansanSlackfreeeなどは、業界や事業は違えど皆この成長モデルに当てはまります。

しかしクラシコムは、創業資金800万円のみでD2Cのビジネスモデルとあの世界観をつくり上げ、ここまで成長してきたわけです。

「D2Cなら少ない費用でもECを開設できるのだから、VCなどからエクイティマネーを調達する必要はないのでは?」と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

マットレスのD2Cで知られるCasper(キャスパー)のほか、近年D2Cで成長しているお菓子サブスクのスナックミー、完全栄養食のD2Cを手がけるBASE FOODなども、多くはVCなどからエクイティマネーを調達しています。

クラシコムが増資をせずにここまで成長できたのは、D2Cという呼び名もなかったころから事業を続け、自社の利益の範囲で時間をかけて世界観と顧客基盤をつくり上げてきたからこそです。

ただしここで一点、注意していただきたいポイントがあります。

キャッシュが多く自己資本比率が高いということは、それだけ安全性が高く、財務的には健全性が高いことは間違いありません。しかしこの連載でもたびたびお話ししてきたように、キャッシュが多いということは、ファイナンスの観点では必ずしも望ましいとはいえません(※2)。

なぜならキャッシュが多いということは、それだけ何も生まない資産を多く持っているということになるからです。加えて、純資産の資本コストが高いため、株主からはより多くの株主還元を求められるという事情もあります。

しかし実は、クラシコムはこれらリスクもそれほど問題としていません。というのも、クラシコムの自己資本利益率(ROE)は過去5年間で常に30%を超えるほど高いからです(図表4)。

クラシコムの自己資本利益率

(出所)クラシコム「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より筆者作成。

日本の上場企業が求められるROEの基準は8%です(※3)。この基準から考えれば、クラシコムは純資産が多いものの十分に高いROEを達成できており、資本を効率的に使えているといえます。

クラシコムのROEがこれほど高い理由としては、高い利益率と、総資産回転率(売上高÷総資産)の高さが挙げられます。利益率の高さは前編で見てきたとおりですが、クラシコムは「総資産がどれだけ効率的に売上高を生み出したか」を表す総資産回転率も高く(総資産24.8億円に対して売上高は45.3億円)、つまりそれだけ少ない資産で効率的に売上を生み出していることが分かります。

気になる株主構成は?

なお、クラシコムの資本金800万円の、気になる株主構成も確認しておきましょう。

有価証券報告書をもとに構成比率を示したのが図表5です。また、ストックオプションの発行はありません。

クラシコムの株主構成

(出所)クラシコム「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」より筆者作成。

株式の75.5%を代表取締役の青木耕平氏、20.0%を実妹で取締役の佐藤友子氏、残る4.5%を青木祐一郎氏が保有しています。有価証券報告書によれば、青木祐一郎氏は「当社代表取締役の二親等内の血族」とのことです(※4)。

株式会社は、株主構成によって経営に与える影響度が変わってきます。上場するということは株主構成が変わることを意味し、外部の株主の比率が高まるほど経営陣は外部からのプレッシャーを受けることになります。

クラシコムも、今回の上場で新たな資金を調達する際に既存株主が保有している株式の一部を市場で売却するため、既存株主の持分は減ります。

ただし図表6にあるように、持分が66.7%を超えていれば会社をコントロールすることができます。クラシコムの場合も、会社のコントロール権自体は上場後も引き続き創業株主が持つことになると予想されますから、経営に対する市場からの圧力は限定的と見ていいでしょう。

株式の持分で変わる企業への影響力

筆者作成

さらに言うと、クラシコムの経営を誰よりもよく理解しているのは、ここまで同社のビジネスモデルをつくり上げてきた創業者ですから、株式持分の構成上も企業戦略上も、少なくとも短期的には創業者の青木氏と佐藤氏が取締役から外れることはないでしょう。

上場で調達した資金を何に使うのか?

ここまで見てきたように、クラシコムはこれまで外部の投資家から資金調達をすることなく、そして広告宣伝費もそれほど使うことなく、D2Cとしては理想的で盤石なビジネスモデルを築いてきました。

年間総リーチユーザー約2000万件、エンゲージメントアカウント数450万件、高いLTV、売上高45億円、営業利益7.8億円、営業利益率17%、ROE38.9%……といった数字が、その盤石さを如実に物語っています。

そのクラシコムが、今回の上場を機に初めて外部から資金を調達する。上場で調達する予定の手取概算額合計上限12.8億円とのこと。すでに20億円以上のキャッシュを有しているクラシコムが、これほどの資金を調達して何に使うのでしょうか?

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み