無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


仕事を辞める前に準備すべき、お金に関する5つのステップ

GettyImages-1191937285

COVID-19のパンデミックの間に、記録的な数の人々が仕事を離れた。

richiesd/Getty

  • 現職を離れることにしたのなら、毎月の支出を十分かつ現実的に見積もることが重要だ。
  • 最低限でも、6カ月分の支出をカバーするための十分な貯蓄は必要だろう。
  • 貯蓄を優先し、副業も検討し、予算を守ることが大切なのだ。

次の就職先を決めずに仕事を辞めるのは、危険に思えるかもしれない。しかし、資金の備えがあれば、人生やキャリアを前進させる一歩にもなる。

新型コロナの感染拡大で仕事や働き方について人々の考え方が変わる中、アメリカの離職者数が過去最多になった。ほかにもっと良い正社員の働き口を見つけるために仕事を辞める人もいれば、一時的にせよフルタイムで働く生活から完全に離れる人もいる。もしその気があるなら、まず先にいくつかやるべき大事なことがある。

仕事を辞める前に準備すべき、お金に関する5つのステップについて説明する。

1. 財産目録を作る

仕事を辞める前に、いくら資産があるのかを把握しよう。貯金はいくらか。固定費や変動費、定期的に支払うお金、自由に使えるお金 はどのくらいか。そうすることで、仕事を辞めてもやっていける経済状態にあるのか判断できるし、少なくとも辞める前に何をすべきかが分かる。

企業はキャッシュ・フロー計算式を使って閑散期に備え、事業費やその他支出を賄えるだけの現金を手元に置くようにする。個人でもこのやり方で、退職したら毎月いくら手元にお金が残るのかを割り出すことができる。

次の計算式から1カ月間のキャッシュ・フローを予想してみよう。


月初の現金残高 + 当月の予想収入額 - 当月の予想支出額 = 月末の予想現金残高


仕事を辞めたらフルタイムのときと同じ額はもらえないが、副業や配当、その他の収入を得ることはできるかもしれない。例えば貯金が5000ドルあったとして毎月副業で2000ドル稼ぐとしよう。月々3000ドルを支出する場合のキャッシュ・フロー計算式 は次のようになる。


5000ドル + 2000ドル - 3000ドル = 4000ドル


このシナリオでは、最初の1カ月だけで約1000ドルも減ってしまう。どの支出を切り詰めるのか、生活スタイルを変えるのか、あるいは不労所得を増やすのかを決めなければならない。

また、借金がいくらあり、定期的に入る給料がなくなったら毎月どうやって返済するのかも考えなければならない。借金が少しなら別だが、多額の、特に金利の高いクレジットカードでの借入があるならば、借金を完済するまでは完全に仕事を辞めるのではなく、パートタイムに変わるなど考えたほうが良いだろう。

2. 予算を立て、予算を守る

定収がないならば、自分のライフスタイルに合った予算を立てそれを忠実に守らなければならない。ファイナンシャル・プランニングのプロであるウェルス・マネジメント会社ワージー・ネスト(WorthyNest)のデボラL.メイヤー(Deborah L. Meyer)CEOによると、支出を管理し、どこにお金を使っているのかを把握するには、スプレッドシートで全体的にお金を管理するのが簡単だという。

予算スプレッドシートを、収入、必要経費、好きに使えるお金、毎年支払う費用、貯金に分けるのだ。

仕事を辞めるのだから、自分の資産の中でやりくりすることが重要だ。まずは収入源をひとまとめにして予算の土台を立ててみよう。先ほどキャッシュ・フローを計算したときにこの数字はすでに計算しているはずだ。

ここから必ず払わなければいけない必要経費と、好きなものに使えるお金を差し引く。このとき、年金の掛け金や自動車保険といった毎年支払う費用も忘れないようにしよう。

残った金額が貯金に回せるお金だ。全く残らないか赤字になる場合には、自由に使えるお金を減らすか、収入を増やす方法を考えてみよう。

3. 貯金を第一に考える

貯金はとても大事だ。特に仕事を辞めようと思っているならなおさらだ。貯金なんて後回しと考えるかもしれないが、それは間違いだ。

CFP®資格を持つタンザ・ローデンベック(Tanza Loudenback)氏は、健全な財務計画の第一歩は緊急時の資金を貯めること、という。シングルインカムの家計ならば、最低でも6カ月分の経費を貯金しておくべきだ。

緊急時の資金を貯めた後は、それを別にして高利回りの預金口座に入れておこう。覚えておいて欲しいことは、緊急時の資金はすぐに使えるようにしておくことだ。即座に解約できないような定期預金や商品に投資するのはやめた方が良い。

参考までに:高利回りの預金は、解約しやすいし利回りも高くお勧めだ。ネット銀行の預金利回りは通常、普通預金よりも年率0.3~0.5%ほど高い(2022年2月23日現在)。

加えて、退職後の資金を貯めることも考えるべきだろう。マネーの専門家は、リタイア後に十分な資金を貯める最も良い方法は、収入の10~15%を貯金に回すことだという。だが、それほど多くなくても、毎年1%でも貯めていく方が良い。少額から始めれば、退職後の資金が徐々に増えていく楽しみを感じられるだろう。

4. 新しい生活スタイルに慣れる

自由に使えるお金を減らして、自分の身の丈に合ったリタイア後の資金計画を立てると、日常生活に使うお金はほとんど残らないように感じるかもしれない。

仕事を辞めた後の新しい生活スタイルに慣れるための方法はいくつかある。

  • 安い店で買い物する
  • 高額の買い物はセールになるまで待つ
  • 貯金、退職後の資金、請求書の支払いなどを自動引き落としにして、支出を気にしないようにする
  • 小さい家に引っ越しする
  • 新しいことを見つけて張りのある生活をする

5. 他の収入源で生活を補填する

仕事を辞められるだけの十分な貯金があっても、別の収入源を確保したほうがいい。

1つは、フリーランスや配当といった別の収入源があれば、貯金や退職後の資金が増える。もう1つ、仕事を辞めた後に副業をすることで資金に余裕ができて、自由にのびのびとお金を使えるようになる。

ブログを書く、ドロップシッピングで物品を販売する、フリーランスとして働く、ソーシャルレンディング——こうした副業による収入があれば、たとえ十分な貯金がなくても不足分は補える。

また、毎月100ドルを販売手数料の低い上場投資信託 (ETF)や不動産投資信託 (REIT) に投資することで、それほど手間をかけなくても貯蓄を増やし、分配金収入を得られる。これもマネーのプロが勧める手法だ。

コロナ禍で離職する人が記録的な数に上っており、米国では大退職時代(Great Resignation)が訪れている。その波に乗る前に、必ず備えを固めよう。

[原文:5 steps to financially prepare for quitting your job

(翻訳・中山桂、編集・長田真)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み