無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「つながりすぎ」が生む息苦しさの正体。3人介せば世界とつながるSNS時代を幸福に生きるには?【音声付・入山章栄】

サムネイル

arquiplay77/Shutterstock

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても平易に読み通せます。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:10分55秒)※クリックすると音声が流れます

思ったより世界が狭いのは「橋渡し役」のおかげ

「世界中の人は誰でも、だいたい5〜6人くらいを介してつながっている」という理論をご存じでしょうか。これを「六次の隔たり」と言います。

今回はこの「六次の隔たり」が、近ごろ「三次」「二次」に縮まってきているというお話です。


ayuko-tokiwa

BIJ編集部・常盤

入山先生、近ごろSNSなどの影響で「六次の隔たり」が縮まってきているのをご存じですよね。Gigazineの記事によると、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグは平均3.17人を介せば誰とでもつながれるし、先ごろ同社のCOOを退任すると発表したシェリル・サンドバーグに至っては2.99人だそうです。

私たちも仕事をするうえで、いろいろな人とつながっているのはとても便利なのですが、一方で、「こんなにたくさんの人とつながり続けて、大丈夫かな?」という気もするんですよね。入山先生はどう思われますか?


そうですね。僕も人の繋がりにはプラスとマイナスがあると思うので、そこを理解することは重要だと思います。今回はソーシャルネットワークの理論を使って、その言語化をしましょう。その前に、まずは「六次の隔たり」について詳しく説明しますね。

これは経営学でも知られていますが、社会学分野で非常に有名な考え方で、スタンレー・ミルグラムという学者が1960年代から提唱していたことです。

例えば僕とアメリカのバイデン大統領は知り合いではありません。でも僕の「友達の友達の友達の友達」くらいなら、バイデン大統領と知り合いかもしれない。

そのようなつてをたどっていけば、平均すると6人目くらいにバイデン大統領とつながるはずなのです。これを「六次の隔たり」と言います。

ではミルグラムはどうやって「6人」という人数にたどり着いたのでしょうか。今ならインターネットで簡単に調査できるでしょうが、実験が行われたのは1960年代です。インターネットのない時代なので、この研究でミルグラムは手紙を使いました。

例えば政治とまったく縁のない人たちに、「あなたの知り合いの中で一番大統領に近い人に、この手紙を転送してください」と依頼する。

手紙を受け取った人は、自分の知り合いの中で最も大統領に近そうな知り合いに手紙を転送する。それを繰り返すと、やがていつかは大統領に行き着くわけですね。

その結果、平均するとだいたい6人目に、目的の相手(この場合は大統領)とつながることが分かったのです。世界は数十億人いるわけですが、6人目でつながったので「世間は思った以上に狭かった」となった。これを「スモールワールド現象」と言います。

そして1973年にスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッターが、この「スモールワールド現象」を“Strength of weak ties”という理論で説明できる、と主張しました。

“Strength of weak ties”を僕は「弱いつながりの強さ」理論と呼んでいます。直感的に言えば、人々の弱いつながりは強いつながりよりも遠くまで伸びていくので、情報の伝播が広範囲で容易になるという理論です。少しややこしいですが、解説してみましょう。

クラスターAとクラスターBがあるとしましょう。クラスターAとクラスターBの両方に知り合いがいる人は、2つのクラスターの橋渡し役となる。

このような人を「ブリッジ」と言います。こういう人をうまくたどっていくと、意外と遠くまで行ける。だから広いアメリカでも、たった6人で大統領まで行きつけるわけですね。

クラスターとブリッジについて説明する画像

取材内容を元に編集部作成

そして、この「ブリッジ」は、ちょっとした知り合い程度の「弱いつながり」にしか生まれません。なぜなら家族や親友といった強いつながりだと、知り合い同士が密接につながりやすいからです。

田中さんは佐藤さんと親友だけれども、同時に鈴木さんとも親友だとしたら、いずれ佐藤さんと鈴木さんは何かの機会に顔を合わせて友達になる可能性が高い。

しかし弱いつながりの場合は、ただの知り合いなので、佐藤さんと鈴木さんが知り合いになる可能性は低い。したがって弱いつながりにはブリッジがたくさんあるのです。ブリッジがたくさんある人脈ネットワークでは、情報は遠くまで延びていくんです。

つまり「大統領に一番近い人に手紙を送ってくれ」という依頼が来たら、「そういえばあの人とは一回しか会ったことがないけれど、大統領と近そうな気がする」という知り合いに送るはずです。

そういう人はブリッジなので、その人を経由すれば遠くの人まで効率的に手紙が届く。だからわずか6回で大統領に届くというわけです。

スモールワールドは幸せな世界なのか?


ayuko-tokiwa

BIJ編集部・常盤

今はSNSの影響で、1960年代とは比較にならないくらい世界が狭くなっていると感じます。


そうですね。SNSは世界的に普及しているわけですから、スモールワールドがよりスモール化するのも無理はないと思います。

問題は、こういう小さな世界がハッピーかどうか、ですよね。スモールワールドは情報伝播という意味ではプラスでしたが、今度はその課題を考えましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み