無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


マーベル映画の人気に陰り?…興行収入は上々だが、批評家や観客の評価は低下

Natalie Portman and Chris Hemsworth in "Thor: Love and Thunder."

ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)とクリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)が出演する『ソー:ラブ&サンダー』。

Marvel

  • 最近のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画は、CinemaScore(シネマスコア)や批評家の評価が低迷している。
  • しかし、ほとんどの作品は興行的には成功しているといえるだろう。
  • テレビシリーズも含めMCUが拡大することで、消費者は視聴する作品を厳選する可能性がある。

10年にわたる空前の成功の後、マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe:MCU)は失速しているようにみえる。

しかし、14年間で29本の映画を製作し、全世界で250億ドル(約3兆4237億円)以上の興行収入を記録している史上最大の映画シリーズが打ち負かされたというには程遠い。実際、2022年7月23日にディズニー(Disney)傘下のマーベル・スタジオ(Marvel Studios)がマンガを中心としたポップカルチャーのイベント「サンディエゴ・コミコン2022(San Diego Comic-Con2022)」で行ったプレゼンテーションでは、将来について楽観的な見通しが示された。

しかし、マーベルの鎧に現れてきた亀裂を無視することは難しい。 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を除けば、ここ数作品は観客の反応が鈍いものになっているのだ。

  • 2021年11月に公開された『エターナルズ』は、観客が評価する「CinemaScore(シネマスコア)」で公開初日にB評価がつけれらた。これはマーベル史上、最低の評価だ。
  • 『エターナルズ』は世界で4億200万ドル(約550億5300万円)の興行収入を上げたが、これは今日のほとんどの大きな予算が投じられた映画、特にMCU映画としては期待はずれの数字だ(もちろん2021年11月には映画館の入場者数自体が低迷していたのだが)。
  • 2022年に公開された『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』と『ソー:ラブ&サンダー』は、いずれもBプラスの評価を受け、下から2番目に悪い成績となってしまった。他のMCU映画はすべてAマイナス以上の評価を得ている。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』と『ソー:ラブ&サンダー』の興行成績は上々だ。前者は9億ドル(約1177億円)以上、後者は中国を除く2週間の世界興収が6億ドル(約822億円)で、前作 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 と同様にヒットした。

つまり、CinemaScoreの評価がすべてというわけではなく、収益を上げ続けている限り、このシリーズがなくなることはないのだ。

しかし、評価の低下は2008年のMCUの開始以来、マーベルが直面したことのない観客のいらだちを示している。今後3年間で少なくとも12本の映画やテレビ番組が公開される予定であり、マーベルがより多くのコンテンツを増やしていくにつれ、疲労感が生じていく可能性がある。

しかし、作品の質は、作品の数と同じか、それ以上に重要な要素になるだろう。

Benedict Cumberbatch as Doctor Strange in "Doctor Strange in the Multiverse of Madness

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でドクター・ストレンジ(Doctor Strange)を演じるベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)。

Marvel Studios

批評家は『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降、MCUの作品は方向性を欠いていると言う

MCUの現状を指摘したのは、筆者が初めてではない。これらの映画は、批評家からマーベル映画の中でも最低の評価を受けてもいるのだ。10年以上におよぶストーリーを締めくくった2019年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後、MCUは方向性を失ってしまったと不満を漏らす人もいる。

映画業界およびレビューのウェブサイト、Indiewire(インディワイア)のデイビット・アーリック(David Ehrlich)は、『ソー:ラブ&サンダー』のレビューで「この映画は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のMCUの“無目的性”を突きつけている」と書いている

The Ringerのポッドキャスト「ザ・ビッグ・ピクチャー(The Big Picture)」の2022年7月12日のエピソードには、「マーベルの危機を解決する5つの方法(Five Ways to Fix the Marvel Crisis)」というタイトルがつけられている。エンターテイメント・ジャーナリストのマット・ベローニ(Matt Belloni)は、2022年5月11日の自身のポッドキャスト「ザ・タウン(The Town)」で、「マーベルは質に問題があるのか?」と疑問を投げかけている。

さらにディズニープラス(Disney+)のオリジナルドラマの配信がある。ディズニーは視聴率の数字を公表していないため、その成功を測るのは難しいが、第三者のデータから、その一端を垣間見ることができる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み