無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウォルマート、収益予測下方修正で株価急落…食料品とエネルギーの価格上昇が要因

Walmart

ウォルマートの業績予測下方修正で米企業決算シーズンの幕が開けた。

Kena Betancur/VIEWpress via Getty Images

  • アメリカ最大の小売業者、ウォルマートの株価は7月26日の通常取引時間中に8%下落した。
  • ウォルマートはその前日、2023年の利益見通しを下方修正し、主な要因としてインフレを挙げた。
  • 食品とガソリン価格の上昇は、消費者のその他の製品を購入を妨げている。

アメリカ最大の小売業者、ウォルマート(Walmart)が食品とガソリン価格の高騰を理由に利益予想を下方修正したため、同社の株価は2022年7月26日(現地時間)に8%以上下落した。これは、同社の株が11%以上下落した5月中旬以来、1日で最大の下落幅だ。

41年ぶりの高水準で推移するインフレがウォルマートの顧客の購買力を直撃しているため、同社は2023年の利益見通しを引き下げざるを得ず、1株当たり利益は約11%から13%低下する見込みだ。

同社によると、食料品など必需品の価格が上昇した結果、顧客は衣料品などへの支出を減らしたという。ウォルマートは7月25日に、買い物客を助け、在庫を減らすために、衣類を含む一般商品の価格を引き下げる可能性があると発表した。

ウォルマートのダグ・マクミラン(Doug McMillon)CEOはプレスリリースで、「食品と燃料のインフレが、顧客の消費行動に影響を与えている」と述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み