無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Amazonが独自の「ラストマイル」物流拠点を公開…新たに10県で翌日配送、全国18拠点を拡充

AmazonDS-3

撮影:太田百合子

アマゾンが2022年、国内の配送拠点を大幅に増強し、10月末までに新たに18カ所の「デリバリーステーション(DS)」の開設を完了すると発表した。

これにより全国のDS数は45カ所以上となり、新たに青森、岩手、秋田、長野、徳島、香川、愛媛、高知、熊本、沖縄の一部地域で、700万点以上の商品の翌日配送や、置き配指定サービスが利用できるようになる。

これに合わせてアマゾンがDSの内部を報道陣に公開した。

アマゾンの商品はどうやって届くのか

今回公開されたDSは都内某所にある拠点だ(外観は非公開)。

「Amazon.co.jp」でオーダーされた商品は、「フルフィルメントセンター(FC)」と呼ばれる倉庫で梱包され、各地域のDSへと輸送される。

そこで仕分けされた商品を、個人の配送事業者を中心とする「Amazon Flexドライバー」が直接、購入者の元へと届けるというのが基本的なしくみだ。

インタビューに応じる、アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァ二シュ ナライン シング氏

インタビューに応じる、アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス事業本部長のアヴァ二シュ・ナライン・シング氏。

撮影:太田百合子

現在はまだ、大手配送事業者に頼る部分が多いという実情もある。

だが、DSからユーザーまでの「ラストマイル」を自前の配送網にすることで、当日配送や翌日配送といったスピードと、置き配指定サービスやAmazon Hubロッカーの利用といった利便性の両面で、「お客様にベネフィットを提供できる」と、アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス事業本部長のアヴァ二シュ・ナライン・シング氏は言う。

シング氏はDSの全国展開を「商品を少しでも速く受け取りたいという、お客様の声に応えるため」だと説明する。

AmazonDS-4

約4000坪ある都内のDS。近隣地域への当日配送の拠点となっている。

撮影:太田百合子

AmazonDS-1

配送エリアごとに分かれたレーン上で手作業で仕分けが行われている。

撮影:太田百合子

AmazonDS-3

多いときには1日数万個の荷物が仕分けされ、配送される。

撮影:太田百合子

報道陣向けに公開された都内のDSでは、迅速配送のためのさまざまな工夫を見ることができた。

従業員が住所ごとに手作業で荷物を仕分けていくのだが、バーコードを読み取ると棚が光って、どのバッグに入れるかを確認できる仕組みが用いられていた。

AIを用いて荷物の最適な配送ルートを作成し、積み込むバッグの組み合わせや道順を、ドライバーにナビゲーションするシステムも提供されている。

ドライバーが次の荷物をすばやく取り出せるように、バッグがカラフルに色分けされているなど、グローバルで培った効率化のためのノウハウが活かされている。

AmazonDS-6-2

荷物のバーコードを読み取ると、仕分けるべき棚が光る仕組み。写真でマークした部分をよくみると、棚の両脇が赤く光っていることがわかる。

撮影:太田百合子

AmazonDS-2

ドライバーは専用アプリで次に配送する荷物を確認できる。どのバッグに入っているかわかりやすくするため、カラフルなバッグが採用されている。

撮影:太田百合子

日本独自の置き配、“オートロックをスルー”する「Key for Business」にも広がり

中には日本独自の取り組みもある。置き配の際の荷物の置き場所を指定できるサービスもそのひとつだ。

集合住宅が多く人口が密集している日本の住宅事情を反映して、6つの場所から選べるようになっている。

2019年秋に提供を開始し、「今では75%のお客様が利用している」とシンク氏。また2021年からスタートした、ドライバーが許可を得てオートロックを解除する「Key for Business」も、すでに2500のビル、集合住宅で導入されているという。

置き配が広まったことで再配達が減り、「ドライバーの負担軽減だけでなく、CO2の削減にも貢献している」という。

keyforbusiness-04

ドライバーが配送アプリからオートロックを解除できるようにする「Key for Business」も、管理が行き届く自前の配送網ならではのサービスと言える。

写真提供:アマゾン

keyforbusiness-03

置き配では玄関前、車庫、自転車のかご、宅配ボックス、ガスメーターボックス、建物内受付/管理人から好きな場所を指定できる。

写真提供:アマゾン

アマゾンでは、新たなDSの開設や配送網の整備により、数千人規模の配送ドライバーを含む、5000人以上の雇用を創出するとしている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み