無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


タイニーホームの壁が22時間で完成…巨大3Dプリンターの活躍を見てみよう

3Dタイニーホーム

3DCP Group

  • デンマークのスタートアップ、3DCPグループが、同社初となる3Dプリントのタイニーホームを建設し、5月に公開した。
  • このコンクリート住宅の建設期間は5週間だが、COBODが開発したBOD2という大型3Dプリンターが稼働していたのは、わずか22時間だった。
  • BOD2を使ってタイニーホームが建設される様子を見てみよう。完成した家は、世界の注目を集めている。

3Dプリントを駆使したいくつかの建築スタートアップが、旧態依然とした住宅建築を徐々に支配しつつある

3Dタイニーホーム

3DCP Group


この先進技術のシーンに新たに加わったデンマークのスタートアップ、3DCPグループ(3DCP Group)が初めて手掛けたコンクリート製のタイニーホームに、世界から注目が集まっている。この住宅の壁はわずか22時間でプリントされた

3Dタイニーホーム

3DCP Group

Source:Insider


「家をプリントする」というと未来的で実現できそうにもないコンセプトだと思うかもしれないが、推進派はこの技術で建設期間とコストを削減できると確信している

3Dタイニーホーム

3DCP Group


また熱心な支持者は、3Dプリンターによって現在の住宅不足やアフォーダビリティ(買いやすさ)の危機が解決されるかもしれないと考えている

3Dタイニーホーム

3DCP Group

Source:Insider


住宅建設は、もはや1年がかりのプロジェクトである必要はない

3Dタイニーホーム

3DCP Group


今、住宅はより少ない建材と労働力を用いて、わずかな時間で建てることができる

3Dタイニーホーム

3DCP Group


3DCPグループの共同設立者兼CEO、ミッケル・ブリッチ(Mikkel Brich)は3Dプリンターを用いることで今後10年以内に住宅価格が50%削減される可能性があると考えている

3Dタイニーホーム

3DCP Group


これだけのメリットがあるのだから、3Dプリント建設技術がすでに広がりを見せているのも不思議ではない。3Dプリント建築会社アルキスト(Alquist)のザック・マンハイマー(Zack Mannheimer)CEOは、2027年までに従来の建築方法よりも多くの住宅が3Dプリント技術によって建設されるだろうと考えている

3Dタイニーホーム

3DCP Group

Source:Insider


すでに世界各地に3Dプリントの建築物があり、プリンターがいかに早く、うまく建設できるかを証明している

3Dタイニーホーム

3DCP Group


2022年3月には、テキサス州のスタートアップ、アイコン(Icon)が、ハードウェアや天候の問題があったにもかかわらず、同州オースティンで186平方メートルの高級住宅の壁を8日間でプリントした

3Dタイニーホーム

Brittany Chang/Insider

Source:Insider


そのすぐ後に、非営利団体のシンキング・ハッツ(Thinking Huts)は、デンマークを拠点とするCOBODが開発したプリンター「BOD2」を使用して、マダガスカルの学校の壁を18時間でプリントした

3Dタイニーホーム

BOTO Friddet

Source:Insider


この2つの大きなプロジェクトに続き、3DCPグループは同じBOD2プリンティングシステムを使って、最初のプロジェクトであり「コンセプトの証明」でもある37平方メートルの小さな家をデンマークに建設した

3Dタイニーホーム

3DCP Group

Source:Insider


タイニーホームというと、高級住宅や学校の校舎ほどのインパクトはないかもしれない

3Dタイニーホーム

3DCP Group


しかし、ブリッチによれば、このタイニーホームでは、いくつかもの革新的なことが行われたという

3Dタイニーホーム

3DCP Group


この家の屋根は世界で初めて3Dプリンターによって造られており…

3Dタイニーホーム

3DCP Group


…混合物ではなくコンクリートのみが使われたのも初めてだという

3Dタイニーホーム

3DCP Group


3DCPグループはCOBODから3Dプリンターと従業員を借りて、この家の設計・施工期間を1カ月余りに抑えた

3Dタイニーホーム

3DCP Group


約5週間という期間は、ゼロから家をつくるにはかなり短い時間だ

3Dタイニーホーム

3DCP Group


納期に間に合わせるために、チームは1日18時間労働を余儀なくされた

3Dタイニーホーム

3DCP Group


敷地内にCOBODプリンターを設置するのに8時間かかったと、ブリッチはInsiderに宛てたメールに記している

3Dタイニーホーム

3DCP Group


そのうち4時間は、3Dプリンターの土台となる4つのコンクリートブロックを正確に設置することに費やされた

3Dタイニーホーム

3DCP Group


しかし、プリンターが設置されると、タイニーホームのコンクリート壁は22時間で完成した

3Dタイニーホーム

3DCP Group


ブリッチによると、もしデンマークの建築基準法の下でなければ、この時間は10時間まで短縮できたという

3Dタイニーホーム

3DCP Group


3Dプリンターによる施工の効率の良さがうかがえる

3Dタイニーホーム

3DCP Group


この印刷システムは、設計図の座標に応じてコンクリートをノズルから絞り出す配管付きの「絞り袋」のようなものだと考えるといいだろう

3Dタイニーホーム

3DCP Group


精密な自動化システムを使用することで、オンデマンドで壁を造ることができる

3Dタイニーホーム

3DCP Group


それは3Dプリントソフトにはある程度の柔軟性があるからで、実際に今回もプリントの途中で設計を見直し、間違った部分の修正やデザインの変更を行うことができた

3Dタイニーホーム

3DCP Group


一気に駆け抜けた5週間と一連のテストを経て完成した住宅は、5月に一般公開された

3Dタイニーホーム

3DCP Group


ブリッチが驚いたのは、アメリカ、シンガポール、オーストラリア、グアテマラなど、各国から注目されたということだ

3Dタイニーホーム

3DCP Group


「我々は、魅力的な未来へと近づいている」と彼は言う。「これはほとんどSFの世界だ」

3Dタイニーホーム

3DCP Group


そして「期待をはるかに超えた」タイニーホームに人々が魅了された理由も容易に理解できる、と付け加えた

3Dタイニーホーム

3DCP Group


この建物は小さいかもしれないが、次世代の住宅建築を体現する役割を担っている

3Dタイニーホーム

3DCP Group


3Dプリント住宅のトレードマークであるパイプが重なったような模様でカーブした壁を持つ住宅を見る機会はあまりない

3Dタイニーホーム

3DCP Group


「車で通り過ぎながら見る分にはそれほど印象的に残らないが、建設業界と建設の未来にとっては非常に大きな飛躍だ」とブリッチは述べた

3Dタイニーホーム

3DCP Group

[原文:See the huge 3D-printer that built the walls of a 400-square-foot concrete tiny home in 22 hours

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み