ホホジロザメを襲うシャチ、南ア周辺の生態系に影響を与える可能性も

ホオジロザメの死骸を検査する様子。

ホオジロザメの死骸を検査する様子。

Cari Roets/Marine Dynamics, Dyer Island Conservation Trust

  • シャチが口にくわえて海面に運んできたホホジロザメから血が広がっていくという驚くべきドローン映像が撮影された。
  • 6月に発表された研究論文によると、シャチがホホジロザメを南アフリカの生息域から追い出したとしている。
  • この映像はこの説を裏付けるもので、海洋生態系に大きな影響を与える可能性がある。

2022年初頭、南アフリカ沖でドローンによって撮影された映像にはホオジロザメを襲う3頭のシャチが捉えられていた。この映像はサメがこれまでの生息地から追い出されたという説を裏付けている。

この映像はディスカバリーチャンネルで7月28日に放送された「Shark Week」という番組のために撮影されたもので、29日にはThe Daily Beastでも公開された。

映像はホホジロザメの生息地として知られる南アフリカ、モッセルベイの明るい青緑色の海で、2頭のシャチが海面近くを泳いでいるところから始まる。突然、3頭目のシャチが体長3m近くのホホジロザメをくわえて海の深いところから上がってきた。そのシャチが海面に到達すると、死んだサメの周りに血が広がっていく。サメを運んできたシャチは再び海面下へと潜っていった。

南アフリカでホホジロザメを研究している科学者のアリソン・タウナー(Alison Towner)は「ホホジロザメを捕食するシャチを捉えた世界初のドローン映像」だとThe Daily Beastに語っている。さらに、南アフリカで記録された初めての「直接的な証拠」だと彼女は付け加えた。

「おそらく、これまでに撮影された自然史の中で最も美しい映像のひとつだろう」

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み