無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


貼るだけで体内の超音波画像を生成するステッカー…MITが開発

MITのエンジニアが体内の超音波画像を生成する粘着パッチを開発した。 スタンプサイズのデバイスを皮膚を付着させると48時間の間、超音波画像を得ることができる。

MITのエンジニアが体内の超音波画像を生成する粘着パッチを開発した。 スタンプサイズのデバイスを皮膚を付着させると48時間の間、超音波画像を得ることができる。

Felice Frankel

  • MITのエンジニアがウェアラブル超音波医療機器を作成した。
  • スタンプサイズのステッカーを貼ることで、48時間の間、リアルタイム高解像度超音波画像を得ることができる。
  • 「我々はウェアラブルイメージングの新時代を切り開いたと考えている」と研究論文の主執筆者は述べている

マサチューセッツ工科大学(MIT)のエンジニアが、患者が身につけて、血管や内臓のライブ高解像度超音波画像を撮影できる切手サイズのステッカーを作成した。

Scienceに掲載された論文によると、このウェアラブル医療機器は内臓の超音波画像を48時間連続で提供できるという。

2cm×3cmの大きさのこのステッカーは、皮膚に直接貼り付けることができ、一部の心臓疾患、妊娠関連の合併症、いくつかのタイプのがんを含むさまざまな疾患の診断およびモニタリングを可能にする。

この研究論文の主執筆者であるMITの機械工学および土木環境工学のシュアンヘ・ザオ(Xuanhe Zhao)教授はMIT News Officeに「我々は身体のさまざま場所を画像化するように設計されたステッカーを手に入れることができた」と述べ、「我々はこれがウェアラブルデバイスと医療用画像処理におけるブレークスルーを意味すると考えている」を付け加えた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み