無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


金融危機でも起業して成功した有名スタートアップ10社。不況ゆえのビジネスチャンスも

厳しい予算で事業を起こすだけでも一大事だが、不況の只中でビジネスを立ち上げるのはそれこそロシアンルーレットのようなものに思えるだろう。だが、それは可能であるどころか、絶望の状況から帝国が誕生し得ることを、多くの企業が証明してきた。

例えば、ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)はいまや世界有数のエンターテインメント複合企業として知られ、2021年は690億ドル(約9兆2400億円、1ドル=134円換算)という記録的な収益を上げている。

しかし、ウォルト・ディズニーが兄のロイとともに1923年にディズニー・ブラザーズ・カートゥーン・スタジオ(Disney Brothers Cartoon Studio)を設立した時、それまでウォルトが経営していたアニメーションスタジオは倒産寸前だった。加えて、同社がミズーリ州カンザスシティからハリウッドに制作拠点を移し、ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(Walt Disney Productions)として再び法人化したのは1929年、アメリカ株式市場が崩壊した大恐慌の年だった。

不況時の起業はリスクが膨大で道のりは長いが、特有のメリットもある。

リック・シャーデン(Rick Schaden)とトム・ライアン(Tom Ryan)は、サブプライムローン問題を端緒とする世界金融危機が始まった2007年に、ハンバーガーレストランチェーンのスマッシュバーガー(Smashburger)を立ち上げた。

その結果、不動産価格が手頃で、好景気なら叶わなかったような優良な立地に新たなチェーン店を出すことができたと前CEOのスコット・クレイン(Scott Crane)はフォーブス誌上で語っている。

起業に理想的な時期というものがある訳ではないことは、これらの企業が証明している。多くの場合、最悪の状況が新たなアイデアを生み出し、創業者は臨機応変に動かざるを得なくなり、長期的な目で自己管理する姿勢が養われる。

そこで、以下では2007年から2009年の世界金融危機の間に起業し、成功したスタートアップ10社を紹介しよう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular