無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年6月29日は史上最も短い1日だった…地球の自転がさらに早くなっている

2022年6月29日は史上最も短い1日だった

地球は、不規則な形状やその他の地質学的影響によって、地軸がわずかにぐらつくことがある。

NASA/JPL-Caltech

  • 2022年6月29日は史上最も短い1日だった。
  • これまでの記録より1.59ミリ秒短かった。
  • 地球が完全な球体ではなく、地軸が「ぐらつく」ことがあるため、このようなことが起こった。

地球が史上最も短い1日を過ごした。これは地軸のぶれによるもので、24時間よりもわずかに短い時間で1回転した。TimeAndDate.comによると、2022年6月29日は、8万6400秒(24時間)より1.59ミリ秒短かったという。

ここ数十年、地球の自転は遅くなっており、1日がわずかに長くなってきている。だが、ここ数年間ではこの傾向は逆転し、1日が短くなってきている

もし地球の回転が速くなれば、原子時計から初めて1秒差し引くことになるかもしれない。

地球は完璧ではない

地球がぐらつくのは珍しいことではない。我々に昼と夜を経験させる自転は、必ずしも北極と南極を結ぶ線である地軸に沿ったまま動いているわけではないのだ。

これは、地球が完全な球体ではないことが原因だ。地球は、赤道部分が膨らみ、北極と南極がわずかに潰れた楕円形をしている。また。月の重力や潮汐なども自転が乱れる原因になる。

チャンドラー・ウォブル

数学を専門とするレオニード・ゾトフ(Leonid Zotov)教授は、「チャンドラー・ウォブル(揺動)」と呼ばれる定期的な振動によって、地球は早く回転する可能性があると考えている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み